JACM賞

JACM Awardsについて

 The JACM Computational Mechanics Award
 日本計算力学賞(3名以内)

   計算力学の広い分野での顕著な研究業績,ソフトウエア開発,計算技術開発に対して与えられる.

 The JACM Young Investigator Award
 日本計算力学奨励賞(3名以内)

   計算力学分野で顕著な業績及び研究を行った40才以下(表彰年内に41才になってはならないこと)の研究者に与えられる.

 The JACM Fellows Award
 日本計算力学連合フェロー賞(5名以内)

   計算力学分野で顕著な業績を上げ,JACMへのサポート,およびIACM関連国際学会に貢献した研究者に対して与えられる.

受賞者は主に日本国内において活動した研究者(外国人も含む)とする.受賞者及び推薦者は,応募時点でJACM会員であることが必要です.

JACM Awards 2017の推薦書(例)

  1. Awardの名称: The JACM Computational Mechanics Award

  2. 候補者の氏名,所属・住所,e-mailアドレス(奨励賞候補者は生年月日も記載のこと):
    計算次郎,東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
    (The JACM Young Investigator Awardの場合は生年月日も記入する)
    〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1,jkeisan@sys.t.u-tokyo.ac.jp

  3. 推薦者の氏名、所属・住所、e-mailアドレス:
    力学健太,東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
    〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1, rikigaku@sys.t.u-tokyo.ac.jp

  4. 主な受賞を含む経歴(10行以内).完全なリストである必要はなく,最近のものあるいは最も重要なポストを記載すること:
    本候補者は,1981年に東京大学工学部原子力工学科を卒業し,????年には同大学大学院原子力工学専攻博士課程を修了し,工学博士を取得した.????年から○○大学○○工学科講師となり,????年には同専攻助教授,????年には教授となった.????年からは○○研究センターセンター長を務めている.????年には○○Awardを授与され,????年には○○学会フェローとなった.

  5. 候補者の最も主要な功績あるいは業績の簡潔な記述.特に,そのAwardの候補者として推薦する理由がわかるように記載すること.(500字以内)

注:項目1〜5を含めて1ページを超えないこと.

JACM Award 2017 推薦書の提出

  2017年3月31日(金)までにe-mailにて,次のアドレスに送ってください.
  送付先:yoshi@sys.t.u-tokyo.ac.jp

表彰式

  本Award受賞式は、USNCCM14(2017年7月17-20日 カナダ・モントリオール)の期間中に開催されます2017年JACM総会の中で行われる予定です.