Publication

Home > Publication

2019   2018   2017   2016   2015   2014   2013   2012   2011   2010   2009   2008   2007   2006   2005   2004   2003

2019年度

松下真太郎,青木尊之: 木構造に基づいた AMR 法を用いた流束項付き保存形フェーズフィールド方程式のマルチモーメント法による解法, 日本計算工学会論文集, 2018巻 p.20180005, 2019/5/23

三好 英輔, 高木 知弘, 大野 宗一, 澁田 靖, 坂根 慎治, 青木 尊之: 多結晶粒成長における粒界物性の方位差依存性の影響 − 大規模phase-fieldシミュレーションによる解析, 日本材料学会 第68期通常総会・学術講演会, 室蘭工業大学, 2019/5/26

坂根 慎治, 高木 知弘, 大野 宗一, 澁田 靖, 青木 尊之: AMR法を適用したphase-fieldデンドライト凝固計算の複数GPU並列化, 第24回計算工学講演会, ソニックシティ, 2019/5/29

河原 淳, 渡辺勢也, 青木尊之: 格子ボルツマン法による多数の浮遊物体を含んだ津波の大規模シミュレーション, 第24回計算工学講演会, 埼玉, 大宮ソニックシティ, 2019/5/29

渡辺勢也, 青木尊之, Yang Kai, 小林宏充: AMR法を導入した格子ボルツマン法を用いた噴流によるピンポン玉の浮遊シミュレーション, 第24回計算工学講演会, 埼玉, 大宮ソニックシティ, 2019/5/29

Arce Acuna Marlon, Aoki Takayuki: GPU-accelerated real-time tsunami simulator with tree-based mesh refinement, 第24回計算工学講演会, 埼玉, 大宮ソニックシティ, 2019/5/29

長谷川雄太, 青木尊之, 小林宏光, 白崎啓太: 細分化格子LBMに基づくLESの複数GPUによる自転車のロードレースの空力計算, 第24回計算工学講演会, 埼玉, 大宮ソニックシティ, 2019/5/30

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR法と等温過程に基づく弱圧縮性解法による高解像度気液二相流計算, 第24回計算工学講演会, 埼玉, 大宮ソニックシティ, 2019/5/30

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR法と等温過程に基づく弱圧縮性解法による高解像度気液二相流計算, 第24回計算工学講演会, 埼玉, 大宮ソニックシティ, 2019/5/30

青木尊之: スパコンによる流れの超大規模シミュレーション, 2019年度 第1回計算力学に関する勉強・意見交流会, 八戸工業大学工学部, 2019/6/25                                           

Yos Sitompul, Takayuki Aoki: A Filtered Cumulant Lattice Boltzmann Method for Violent Two-phase Flows, J. Comput. Phys, Vol 390, No.1, pp.93-120, 2019/8/15

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki: Large-scale Simulations of Free-surface Flows Using Lattice Boltzmann Method with Block-structured Adaptive Mesh Refinement, The 7th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow 2019 (ASCHT2019), Tokyo University of Science, 2019/9/5

Shintaro Matsushita, Takayuki Aoki: A TWO-PHASE FLOW SIMULATION BASED ON WEAKLY COMPRESSIBLE ASSUMPTION WITH INTERFACE-ADAPTED AMR METHOD, The 7th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow- 2019, Tokyo University of Science, 2019/9/6

河原 淳, 渡辺勢也, 青木尊之, 橋本博公: 多量の瓦礫を含んだ津波の大規模シミュレーション, 日本流体力学会・年会2019,    電通大, 2019/9/1    

坂根 慎治, 高木 知弘, 大野 宗一, 澁田 靖, 青木 尊之: 液相流動と固体運動を伴うデンドライト成長の複数 GPU 並列 AMR phase-field 計算, 日本機械学会・第32回計算力学講演会(CMD2019), 東洋大学, 2019/9/16

三好 英輔, 高木 知弘, 大野 宗一, 澁田 靖, 坂根 慎治, 青木 尊之: 粒界物性の異方性を考慮した大規模 multi-phase-field 粒成長計算, 日本機械学会 第32回計算力学講演会(CMD2019), 東洋大学, 2019/9/16

松下 真太郎, 青木 尊之: 界面に適合する AMR 法による液膜シミュレーション, 日本機械学会 第32回計算力学講演会(CMD2019), 東洋大学, 2019/9/16

小野寺 直幸, 井戸村 泰宏, 河村 拓馬, 中山 浩成, 下川辺 隆史, 青木 尊之: 観測データを適用した局所細分化格子ボルツマン法に よるトレーサー拡散解析, 日本機械学会 第32回計算力学講演会(CMD2019), 東洋大学,     2019/9/16

渡辺勢也,青木尊之: 界面に適合するAMR法を用いた自由界面流れの大規模GPU計算. 日本機械学会 第32回計算力学講演会(CMD2019), 東洋大学, 2019/9/16

青木尊之: 自転車競技における走行中の最適位置取りのための空力解析     第6回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 成果報告会, 品川, 2019/11/1

青木尊之: 多数の浮遊物を含んだ自由表面流れの GPUスパコンによる大規模シミュレーション, 九州大学情報基盤研究開発センター応用力学フォーラム, 九州大学, 2019/11/26

Sitompul Yos Panagaman, Aoki Takayuki, Takaki Tomohiro: A Study on Turbulent Bubbly Flows using Lattice Boltzmann Methods and Multi-phase Field Model, 日本流体力学会 第33回数値流体力学シンポジウム, 北大, 2019/11/28

菊田大輔,青木尊之,松下真太郎:      動的接触角を考慮した斜面を流れ落ちる液滴のシミュレーション, 日本流体力学会 第33回数値流体シンポジウム, 北大, 2019/11/29

大橋遼河,渡辺勢也,青木尊之,佐山将太朗,田中博人: CLBMによる回転移動する野球ボールの空力解析, 日本流体力学会 第33回数値流体力学シンポジウム, 北大, 2019/11/29

渡辺勢也,青木尊之,小林宏光: 適合細分化格子ボルツマン法を用いた噴流により浮遊するピンポン玉のシミュレーション, 日本流体力学会 第33回数値流体力学シンポジウム, 北大,2019/11/29

山口 大輝,渡辺 勢也,青木 尊之: AMR法を導入した格子ボルツマン法によるイルカのフリースイミングの複数GPUシミュレーション, 日本流体力学会 第33回数値流体力学シンポジウム, 北大,2019/11/29

Shinji Sakane, Tomohiro Takaki, Munekazu Ohno, Yasushi Shibuta and Takayuki Aoki: AMR Implementation for Multi-GPUs Parallel Computing of Phase-field Lattice Boltzmann Method of Dendrite Growth with Melt Convection, The 7th Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM 2019), Taipei, Taiwan, 2019/12/18

Eisuke Miyoshi, Tomohiro Takaki, Munekazu Ohno, Yasushi Shibuta, Shinji Sakane and Takayuki Aoki: Effects of Misorientation-Dependent Grain Boundary Properties on Grain Growth: Large-Scale Phase-Field Simulations and Analysis, The 7th Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM 2019), Taipei, Taiwan, 2019/12/19

Seiya Watanabe and Takayuki Aoki:     Multi-GPU Computing of Free-surface Flows Using Adaptively Mesh-refined LBM, The 7th Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM 2019), Taipei, Taiwan, 2019/12/20

Takayuki Aoki: Weakly Compressible Flow Computations for Incompressible Two phase flows and Fluid Structure Interactions, International Symposium on Novel Computational and Experimental Methods for Complicated Fluid Structure Interactions, 九州大学・応用力学研究所, 2020/1/20

Takayuki Aoki: Large-Scale Multiphase Flow Simulations with AMR using Dynamic Load Balance, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP20), Seattle, US, 2020/2/15

ShinjiSakane, TomohiroTakaki, Munekazu Ohno, Yasushi Shibuta Takayuki Aoki: Two-dimensional large-scale phase-field lattice Boltzmann simulation of polycrystalline equiaxed solidification with motion of a massive number of dendrites: Computational Materials Science, Vol.178

2018年度

Shintaro Matsushita, Takayuki Aoki, Un-Hong Wong: A Two-Phase Flow Simulation Using a Full-Explicit Scheme with Interface-Adapted AMR Method, International Conference on Parallel Computational Fluid Dynamics (ParCFD18), Indianapolis, USA, May 15, 2018

Yuta Hasegawa, Takayuki Aoki: Aerodynamics Study Using LBM with Octree-Based Mesh Refinement for Racing Bicycles, International Conference on Parallel Computational Fluid Dynamics (ParCFD18), Indianapolis, USA, May 15, 2018

青木尊之: 粒子法の大規模シミュレーション, 日本シミュレーション学会「シミュレーション」, Vol.37, No.2, pp.14-19, 2018年6月1日

坂根慎治, 高木知弘, 大野宗一, 澁田靖, 青木尊之: 熱溶質対流を伴う二元合金凝固phase-fieldシミュレーションの複数GPU並列化, 第23回計算工学講演会, 名古屋, 愛知県産業労働センター ウインクあいち, 第21回応用力学シンポジウム, 2018年6月6日

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR法と弱圧縮性近似に基づく完全陽解法を組み合わせた気液二相流の三次元計算, 第23回計算工学講演会, 名古屋, 愛知県産業労働センター ウインクあいち, 2018年6月6日

長谷川雄太, 青木尊之: Octree細分化格子によるLBMを用いたロードバイクの空力計算, 第23回計算工学講演会, 名古屋, 愛知県産業労働センター ウインクあいち, 2018年6月6日

渡辺勢也, 青木尊之, 黄遠雄, 長谷川雄太, 高木知弘: マルチフェーズフィールド法に基づく領域分割を用いたAMR計算の動的負荷分散, 第23回計算工学講演会, 名古屋, 愛知県産業労働センター ウインクあいち, 第21回応用力学シンポジウム, 2018年6月6日

杉原健太, 外丸慎之介, 青木尊之: 回転翼に適合するAMR重合格子を用いた垂直軸型風車周り流れのGPU計算, 第23回計算工学講演会, 名古屋, 愛知県産業労働センター ウインクあいち, 第21回応用力学シンポジウム, 2018年6月6日

Yang Kai, Hasegawa Yuta, Watanabe Seiya, Aoki Takayuki: Simulation of a Ping-pong Ball Freely Rising in Water Using Immersed Boundary-Lattice Boltzmann Method, The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES2018), Nagoya, Winc Aichi, June 8, 2018

Yuta Hasegawa, Takayuki Aoki: Aerodynamics Study for Complex Bodies by using Locally Refined Mesh and Lattice Boltzmann Method, European Conference on Computational Mechanics, European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECCM-ECFD 2018), Glasgow, UK, June 12, 2018

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki, Yuta Hasegawa: Simulations of Free Surface Flows Interacting with Solid Objects by Lattice Boltzmann Method Using Multiple GPUs, European Conference on Computational Mechanics, European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECCM-ECFD 2018), Glasgow, UK, June 12, 2018

Shintaro Matsushita, Takayuki Aoki, Un-Hong Wong: A full-explicit two-phase flow simulation with interface-adapted AMR method, European Conference on Computational Mechanics, European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECCM-ECFD 2018), Glasgow, UK, June 12, 2018

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki, Yuta Hasegawa: GPU-accelerated Lattice Boltzmann Simulations with Octree-based Dynamic AMR Method, International Conference on Discrete Simulation of Fluid Dynamics (DSFD2018), Worcester, USA, June 26, 2018

青木尊之: GPUスパコンによるDEMの大規模シミュレーション, 精密工学会誌, Vol.84, No.7, pp.603-606, 2018年7月5日

青木尊之: MPF法によるトポロジー最適化を用いた負荷バランスとノード間通信低減を両立させる動的領域分割の開発, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第9回シンポジウム, THE GRAND HALL(品川), 2018年7月12日

青木尊之: 界面に適合するAMR法を用いた非圧縮性気液二相流の完全陽解法計算とGPU実装, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第9回シンポジウム, THE GRAND HALL(品川), 2018年7月12日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太, 河原淳: 多数の瓦礫を含んだ津波が構造物へ与える影響の数値解析, 混相流シンポジウム 2018, 仙台, 東北大学, 2018年8月9日

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR 法を用いた液膜の形成と崩壊の数値シミュレーション, 混相流シンポジウム 2018, 仙台, 東北大学, 2018年8月9日

河原淳, 青木尊之, 渡辺勢也: 多数の瓦礫を含む津波の大規模シミュレーション, 日本流体力学会 年会2018, 大阪, 大阪大学, 2018年9月3日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太: AMR法を導入した格子ボルツマン法による大規模流体構造連成解析, 日本流体力学会 年会2018, 大阪, 大阪大学, 2018年9月3日

Yos Panagaman Sitompul, Takayuki Aoki: 激しい二相流に適用するハイブリッド速度フィルター付きキュムラント格子ボルツマン法, 日本流体力学会 年会2018, 大阪, 大阪大学, 2018年9月3日

Shuji Moriguchi, Hiroki Okuyama, Kenjiro Terada, Tadashi Kawai, Takayuki Aoki: Effects of repose angle and basal friction angle in granular flow simulations, Geomechanics from Micro to Marco in Research and Practice (IS Atlanta 2018), September 13, 2018

Marlon Arce Acuna, Takayuki Aoki: Tree-based mesh-refinement GPU-accelerated tsunami simulator for real-time operation, Natural Hazards and Earth System Sciences (NHESS), Volume 18, issue 9, pp.2561-2602, September 21, 2018

Takayuki Aoki, Shintaro Matsushita, Seiya Watanabe: Explicit CFD solvers for free-surface flows and gas-liquid two-phase flows, Taiwan-Japan Workshop on Mechanical and Aerospace Engineering, Taiwan, National Chiao Tung University, October 6, 2018

Shintaro Matsushita, Takayuki Aoki: A Fully-explicit Two-phase Flow Simulation Based on Weakly Compressible Assumption with Interface-adapted AMR Method, The 7th Asian Conference on Computational Fluid Dynamics (ICM2018), Yilan City, Taiwan, October 16, 2018

Yos Panagaman Sitompul, Takayuki Aoki: A Cumulant LBM with Hybrid-like Filter for Violent Two-phase Flows, The 7th Asian Conference on Computational Fluid Dynamics (ICM2018), Yilan City, Taiwan, October 16, 2018

T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Aoki: Solidification microstructure formation by phase-field simulation with multi-GPU acceleration, The 9th Multiscale Materials Modeling (MMM2018), Osaka, International Convention Center, October 31, 2018

Takayuki Aoki: Large-scale multiphase flow simulations on a GPU supercomputer, The 9th Multiscale Materials Modeling (MMM2018), Osaka, International Convention Center, November 2, 2018

長谷川雄太, 青木尊之: スパコンによる大規模計算に基づいた自転車の集団走行の空力評価, スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2018(SHD2018), 京都, 京都テルサ, 2018年11月21日

Yang Kai, Hasegawa Yuta, Watanabe Seiya, Aoki Takayuki: Study on a ping-pong ball rising in water using AMR lattice Boltzmann method, 日本機械学会・第31回 計算力学講演会 (CMD2018), Tokushima, Tokushima University, November 23, 2018

長谷川雄太, 青木尊之: 細分化格子LBMによる自転車の集団走行の大規模空力解析, 日本機械学会・第31回 計算力学講演会 (CMD2018), 徳島, 徳島大学, 2018年11月23日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太: 動的AMR法を導入した格子ボルツマン法の複数GPUによる大規模計算, 日本機械学会・第31回 計算力学講演会 (CMD2018), Tokushima, Tokushima University, November 23, 2018

渡辺勢也, 青木尊之, 松下真太郎, Christian Conti, 高木知弘: AMR法の動的領域分割へのマルチフェーズフィールド法の適用, 日本機械学会・第31回 計算力学講演会 (CMD2018), 徳島, 徳島大学, 2018年11月23日

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR法と完全陽解法による高解像度気液二相流計算, 日本機械学会・第31回 計算力学講演会 (CMD2018), 徳島, 徳島大学, 2018年11月23日

河原淳, 渡辺勢也, 青木尊之, 橋本博公: 格子ボルツマン法による浮遊物体を含む津波の大規模シミュレーション, 日本流体力学会・第32回 数値流体力学シンポジウム (CFD2018), 東京, 機械振興会館, 2018年12月11日

Yos Panagaman Sitompul, Takayuki Aoki: 激しい二相流に適用するフィルタリングされたキュムラント隠子ボルツマン法, 日本流体力学会・第32回 数値流体力学シンポジウム (CFD2018), 東京, 機械振興会館, 2018年12月12日

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR法と完全陽解法を用いた液膜形成と崩壊のGPU計算, 日本流体力学会・第32回 数値流体力学シンポジウム (CFD2018), 東京, 機械振興会館, 2018年12月13日

長谷川雄太, 青木尊之: 細分化格子LBMの複数GPU計算に基づく自転車の集団走行の空力計算, 日本流体力学会・第32回 数値流体力学シンポジウム (CFD2018), 東京, 機械振興会館, 2018年12月13日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太: GPUスパコンにおける動的負荷分散を用いたAMR法による大規模LBM計算, 日本流体力学会・第32回 数値流体力学シンポジウム (CFD2018), 東京, 機械振興会館, 2018年12月13日

青木尊之, 松下真太郎, 陽解法による非圧縮性気液二相流の大規模シミュレーション, 日本混相流学会誌「混相流」, Vol. 32, No, 4, pp.416-423, 2018年12月15日

Shintaro Matsushita, Takayuki Aoki, A weakly compressible scheme with a diffuse-interface method for low Mach number two-phase flows, Journal of Computational Physics, Vol. 376, No,1, pp.838-862, January 1, 2019

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太, 河原淳, 橋本博公: 格子ボルツマン法による物体を含む自由界面流れの大規模シミュレーション, 日本混相流学会誌「混相流」, Vol.33, No.1, pp.55-62, 2019年3月1日

Shintaro Matsushita, Takayuki Aoki: A Full-explicit Two-phase Flow Simulation Based on Weakly Compressible Assumption with Interface-Adapted AMR Method, Taiwan-Japan CFD workshop (Computational Fluid Dynamics), March 8, 2019

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki: Large-scale Lattice Boltzmann Simulations with Adaptively Refined Mesh on Multiple GPUs, Taiwan-Japan CFD workshop (Computational Fluid Dynamics), March 8, 2019

Yuta Hasegawa, Takayuki Aoki: Multi-GPU Mesh-refined Lattice Boltzmann Simulation for Aerodynamics of Racing Bicycles, Taiwan-Japan CFD workshop (Computational Fluid Dynamics), March 8, 2019

青木尊之: GPUスパコンによる混相流の大規模数値シミュレーション, 日本計算数理工学会季刊誌「計算数理工学レビュー」, 2019-1, pp.1-10, 2019年3月15日

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR法を用いた気液二相流の数値シミュレーション, 日本混相流学会誌「混相流」, Vol. 33, No. 1, pp.96-102, 2019年3月27日

長谷川雄太,青木尊之,小林宏充,白崎啓太:格子ボルツマン法による自転車競技の集団走行の大規模LES空力解析,日本機械学会論文集, Vol.85, No.870, 18-00441, 2019

2017年度

青木尊之: GPUスパコンと GPU計算による格子法・粒子法の大規模アプリケーション, 核融合研数値実験炉プロジェクト全体会合, 岐阜, 2018年1月10日

Michel Muller, Takayuki Aoki: New High Performance GPGPU Code Transformation Framework Applied to Large Production Weather Prediction Code, ACM Transactions on Parallel Computing, February 14, 2018

青木尊之: スパコンによるリアルワールドの流れの再現, 国立大学共同利用・共同研究拠点協議会 第71回 知の拠点セミナー, 東京, 2018年2月16日

Takayuki Aoki: Large-Scale Applications for Real-World Problems Solving Partial Differential Equations on Heterogeneous GPU Machines, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 7, 2018

Yuta Hasegawa, Takayuki Aoki: An Octree-Based AMR Lattice Boltzmann Method for Multi-GPU Aerodynamics Simulations, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 8, 2018

Michael Lahnert, Takayuki Aoki, Malte Brunn, Carsten Burstedde, Steffen Hirschmann, Dirk Pflüger, Miriam Mehl: Extending Existing Simulation Software Packages with Spatial Adaptivity in a Minimal-Invasive Way, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 8, 2018

松下 真太郎, 木構造に基づいたAMR法を用いた流束項付き保存形フェーズフィールド方程式のマルチモーメント法による解法, 日本計算工学会論文集, No.20180005, 2018年3月27日

青木尊之: GPUによる粉体・混相流の大規模シミュレーション, 化学工学 特集「大規模流動解析 on HPC 」, Vol.81, No.5, 2017, P232-235, 2017年5月5日

渡辺勢也、青木尊之、長谷川雄太: 非球形粒子を含む流動層の大規模直接シミュレーション, 粉体工学会2017年春季研究発表会, 東京, 2017年5月16日

岩崎颯、青木尊之、渡辺勢也、長谷川雄太: 格子ボルツマン法を用いたイルカのフリースイミングの数値解析, 第22回計算工学講演会, 大宮, 2017年5月31日

高木知弘、坂根慎治、大野宗一、澁田靖、下川辺隆、青木尊之: 自然対流を伴う二元合金一方向凝固のphase-fieldシミュレーション, 第22回計算工学講演会, 大宮, 2017年5月31日

三好英輔、高木知弘、大野宗一、澁田靖、坂根慎治、下川辺隆史、青木尊之: 大規模3D multi-phase-field計算に基づく2D断面上の粒成長挙動評価, 第22回計算工学講演会, 大宮, 2017年5月31日

渡辺勢也、青木尊之、長谷川雄太: 流体-粒子間相互作用の直接計算に基づく非球形粒子を含む流動層シミュレーション, 第22回計算工学講演会, 大宮, 2017年6月2日

長谷川雄太、青木尊之: 適合細分化格子を用いた格子ボルツマン法の複数 GPU による大規模計算, 第22回計算工学講演会, 大宮, 2017年6月2日

松下真太郎、青木尊之: 複数GPUを用いた完全陽解法による気液二相流計算, 第22回計算工学講演会, 大宮, 2017年6月2日

下川辺隆史、青木尊之、小野寺直幸: 高精細計算を実現するAMR法フレームワークの開発, 第22回計算工学講演会, 大宮, 2017年6月2日

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Akihiro Sugiyama: A Large-scale Simulation for Blastwave-debris Interaction using a GPU Supercomputer, JSCES2017, Omiya, June 2, 2017

Michael Gestrich, Stefan Adami, Takayuki Aoki, Thomas Indinger: Towards large-scale parallel GPU-accelerated SPH for FSI problems, JSCES2017, Omiya, June 2, 2017

Marlon Arce Acuna, Takayuki Aoki, Akihiro Sugiyama: Large-scale Mesh-Refined Multi-GPU Accelerated Tsunami Simulation on a Real Indian Ocean Scenario, JSCES2017, Omiya, June 2, 2017

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Takahiro Sugiyama: Large-scale Debris-blastwave Interaction Simulation using GPU supercomputer, COUPLED PROBLEMS 2017, Rhodes Island, Greece, June 12, 2017

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki, Yuta Hasegawa: A large-scale LBM-DEM simulation based on direct calculation of fluid-solid interactions using multiple GPUs, COUPLED PROBLEMS 2017, Rhodes Island, Greece, June 12, 2017

Yuta Hasegawa, Takayuki Aoki: Lattice Boltzmann Simulations Coupled with Octree-based Locally-refined Mesh using Space-filling Curves, COUPLED PROBLEMS 2017, Rhodes Island, Greece, June 12, 2017

Shintaro Matsushita, Takayuki Aoki: A two-phase flow simulation based on weakly compressible flow scheme coupled with conservative phase-field method, COUPLED PROBLEMS 2017, Rhodes Island, Greece, June 12, 2017

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki, Yuta Hasegawa: Large-Scale Simulations For Multiphase Flows By Coupled LBM-DEM Using Multiple GPUs, DSFD2017, Erlangen, Germany, July 11, 2017

Takayuki Aoki: Green Supercomputer TSUBAME and Large-scale Applications on Computational Fluid Dynamics, ASPIRE FORUM 2017, Singapore, July 13, 2017

青木尊之: 適合細分化格子を用いた格子ボルツマン法による非球形固体粒子との直接相互作用計算に基づいた大規模混相流シミュレーション, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第9回 シンポジウム, 東京, 2017年7月14日

青木尊之: GPUスパコンによる粉体・混相流の大規模シミュレーション, 第1回 計算粉体力学研究会, 京都, 2017年7月25日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太, 松下真太郎: 自由界面流れと固体粒子の連成シミュレーション (ポスター), 混相流シンポジウム2017, 東京, 2017年8月19日

青木尊之: 空間充填曲線を用いた動的負荷分散による大規模粒子法シミュレーション, フォーラム「粒子法による流体シミュレーションの並列化技術」, 福岡, 2017年8月21日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太, 松下真太郎: 自由界面流れと固体粒子の連成シミュレーション, 混相流シンポジウム2017, 東京, 2017年8月21日

松下真太郎, 青木尊之: 弱圧縮性流体解析手法に基づく完全陽解法による気液二相流のGPU 計算, 混相流シンポジウム2017, 東京, 2017年8月21日

Takayuki Aoki: Large-scale Multiphase Flow Simulations on a GPU Supercomputer, The 24th National Computational Fluid Dynamics Conference, Hsinchu, Taiwan, August 31, 2017

青木尊之: GPUスパコンによる高レイノルズ数の気液・固液二相流の大規模シミュレーション, 第12回 名工大・核融合研 共同セミナー, 名古屋, 2017年9月11日

杉原健太, 青木尊之: 重合格子法を用いた垂直軸型風車周り流れのGPUシミュレーション, 第30回 計算力学講演会, 大阪, 2017年9月17日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太, 松下真太郎: Phase-field 法による界面捕獲手法を用いた自由界面流 れと固体粒子の連成解析, 第30回 計算力学講演会, 大阪, 2017年9月17日

松下真太郎, 青木尊之: 弱圧縮性近似による気液二相流の直交格子ベース陽解法, 第30回 計算力学講演会, 大阪, 2017年9月17日

高木知弘, 大野宗一, 澁田靖, 坂根慎治, 三好英輔, 下川辺隆史, 青木尊之: 大規模 phase-field シミュレーションの現状 , 第30回 計算力学講演会, 大阪, 2017年9月17日

岩崎颯, 青木尊之, 渡辺勢也, 長谷川雄太: 格子ボルツマン法によるイルカのフリースイミングのシミュ レーション, 第30回 計算力学講演会, 大阪, 2017年9月17日

長谷川雄太, 青木尊之: 適合格子細分化法を導入した格子ボルツマン法の複数 GPU 計算による非圧縮流れの空力解, 第30回 計算力学講演会, 大阪, 2017年9月17日

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki, Yuta Hasegawa: Large-scale Simulations for Fluid-particle Systems Using Coupled LBM-DEM on a GPU Supercomputer, PARTICLES2017, Hannover, Germany, September 27, 2017

M. Gestrich, S. Adami, T. Aoki and T. Indinger: Towards large-scale parallel GPU-accelerated SPH for FSI problems, PARTICLES2017, Hannover, Germany, September 27, 2017

青木尊之: GPUスパコンによる大規模・気液二相流・流動層シミュレーション, 第9回ホットな話題の講習会, 東京, 2017年10月2日

Takayuki Aoki: Large-scale gas-liquid/gas-solid two-phase flow simulations on a GPU supercomputer, ITCPS2017, Tokyo, October 4, 2017

肖鋒, 青木尊之: 流体シミュレーションのコツ, 応用物理, Vol.86, No.10, 2017, P904-909, 2017年10月10日

Michel Muller: Hybrid Fortran: High Productivity GPU Porting Framework Applied to Japanese Weather Prediction Model, WACCPD 2017, Denver, USA, November 13, 2017

青木尊之: 大規模物理シミュレーションのレイトレーシング可視化, 「新生」第11回金沢コンピュータグラフィックス談話会, 金沢, 2017年12月9日

黄遠雄, 青木尊之, 松下真太郎: 保存形フェースフィールド方程式によるAMR 法を用いた界面移流計算の動的メモリ管理によるGPU実装, 第31回 数値流体力学シンポジウム (CFD2017), 京都, 2017年12月12日

長谷川雄太, 青木尊之: 適合格子細分化法を導入した格子ボルツマン法による複雑形状物体周りの流れの複数GPU計算, 第31回 数値流体力学シンポジウム (CFD2017), 京都, 2017年12月12日

坂根慎治, 高木知弘, 大野宗一, 澁田靖, 下川辺隆史, 青木尊之: デンドライトの成長と運動の大規模phase-fieldシミュレーション, 第31回 数値流体力学シンポジウム (CFD2017), 京都, 2017年12月12日

松下真太郎, 青木尊之: 界面に適合するAMR法を用いた気液二相流の完全陽解法計算, 第31回 数値流体力学シンポジウム (CFD2017), 京都, 2017年12月12日

渡辺勢也, 青木尊之, 長谷川雄太: 格子ボルツマン法を用いた浮遊物体を含む自由界面流れのシミュレーション, 第31回 数値流体力学シンポジウム (CFD2017), 京都, 2017年12月13日

青木尊之: GPUスパコンと GPU計算による格子法・粒子法の大規模アプリケーション, 核融合研数値実験炉プロジェクト全体会合, 岐阜, 2018年1月10日

Michel Muller, Takayuki Aoki: New High Performance GPGPU Code Transformation Framework Applied to Large Production Weather Prediction Code, ACM Transactions on Parallel Computing, February 14, 2018

青木尊之: スパコンによるリアルワールドの流れの再現, 国立大学共同利用・共同研究拠点協議会 第71回 知の拠点セミナー, 東京, 2018年2月16日

Takayuki Aoki: Large-Scale Applications for Real-World Problems Solving Partial Differential Equations on Heterogeneous GPU Machines, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 7, 2018

Yuta Hasegawa, Takayuki Aoki: An Octree-Based AMR Lattice Boltzmann Method for Multi-GPU Aerodynamics Simulations, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 8, 2018

Michael Lahnert, Takayuki Aoki, Malte Brunn, Carsten Burstedde, Steffen Hirschmann, Dirk Pflüger, Miriam Mehl: Extending Existing Simulation Software Packages with Spatial Adaptivity in a Minimal-Invasive Way, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 8, 2018

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Naoyuki Onodera: An AMR Framework for Realizing Effective High-Resolution Simulations on Multiple GPUs, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 9, 2018

Tomohiro Takaki, Munekazu Ohno, Yasushi Shibuta, Shinji Sakane, Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki: Parallel GPU Phase-Field Simulations of Dendrite Competitive Growth, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP18), Tokyo, March 10, 2018

2016年度

Michel Muller: Unified CPU+GPU Programming for the ASUCA Production Weather Model, GTC 2016, San Jose, USA, April 5, 2016

Takashi Shimokawabe: Advanced High-productivity Framework for Large-scale GPU/CPU Stencil Computations, GTC 2016, San Jose, USA, April 4, 2016

M. Gestrich, S. Adami, T. Aoki, T. Indinger: Parallel Smoothed Particle Hydrodynamics on a GPU Supercomputer, Parallel CFD 2016, Kobe, May 10, 2016

S. Tsuzuki, T. Aoki: Large-Scale Particle-Based Simulations Using Dynamic Load Balance with Space Filling Curves on a GPU Supercomputer, Parallel CFD 2016, Kobe, May 10, 2016

Takashi Shimokawabe: Large-scale GPU-based CFD Applications based on a High-productivity Stencil Framework, Parallel CFD 2016, Kobe, May 10, 2016

S. Watanabe, T. Aoki, Y. Hasegawa: Large-Scale Simulations for Fluid-particle System Using Multiple GPUs, Parallel CFD 2016, Kobe, May 10, 2016

U.-H. Wong, T. Aoki: Advanced GPU Direct-MPI Hybrid Framework with Block-Based Data Structure for Efficient CFD/MHD Simulations Using AMR on Multi-GPU Systems, Parallel CFD 2016, Kobe, May 11, 2016

T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, S. Sakane, T. Shimokawabe, T. Aoki: Large-scale 3D Phase-field Studies of Competitive Grain Growth during Directional Solidification, The 4rd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification, Casting and Refining (CSSCR2016), Xian, China, May 11, 2016

S. Sakane, T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki: Multi-GPU Parallel Computation of Dendrite Solidification with Melt Convection Using Phase-Field-Lattice Boltzmann Model, Parallel CFD 2016, Kobe, May 12, 2016

T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, S. Sakane, T. Shimokawabe, T. Aoki: Two-dimensional phase-field study of competitive grain growth during directional solidification of polycrystalline binary alloy, Journal of Crystal Growth, Vol. 442, P14–24, May 15, 2016

渡辺勢也、青木尊之、長谷川雄太: 非球形固体粒子と流体の直接相互作用による混相流の大規模シミュレーション, 粉体工学会 2016年度春季研究発表会, 京都, 2016年5月17日

森口周二、太田勇真、高瀬慎介、寺田賢二郎、阿部慶太、青木尊之: 個別要素法を用いた大規模土砂流動実験の再現解析, 第19回応用力学シンポジウム, 札幌, 2016年5月21日

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理: GPUを用いた個別要素法による粉体シミュレーションに対するメモリ使用量を抑えた高速化手法, 日本計算工学会論文集, No.20160013, Vol 2016, 2016年5月27日

坂根慎治、高木知弘、大野宗一、澁田靖、下川辺隆史、青木尊之: Phase-field法と格子ボルツマン法による柱状デンドライトの透過率評価法の構築, 日本計算工学会 第21回計算工学講演会, 新潟, 2016年5月31日

森口周二、太田勇真、高瀬慎介、寺田賢二郎、阿部慶太、青木尊之: 個別要素法による実大規模土砂流動実験の再現解析, 日本計算工学会 第21回計算工学講演会, 新潟, 2016年5月31日

Satori Tsuzuki,Takayuki Aoki: Large-scale Debris Flow Simulations using Particle-based Method with Dynamic Load Balance on a GPU supercomputer, JSCES2016, Niigata, May 31, 2016

渡辺勢也、青木尊之、長谷川雄太: 舞い落ちる多数のイチョウの葉のシミュレーション, 日本計算工学会 第21回計算工学講演会, 新潟, 2016年5月31日

下川辺隆史、遠藤敏夫、青木尊之 GPU デバイスメモリを超える計算を可能とするためのステンシル計算フレームワークの拡張とその性能評価, 日本計算工学会 第21回計算工学講演会, 新潟, 2016年6月1日

長谷川雄太、青木尊之: 適合格子細分化法を導入した格子ボルツマン法の複数GPU計算, 日本計算工学会 第21回計算工学講演会, 新潟, 2016年6月1日

Anna Brown,Takashi Shimokawabe,Aoki Takayuki: A GPU implementation for high performance stencil calculations on an adaptively refined mesh, JSCES2016, Niigata, June 2, 2016

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Naoyuki Onodera High-productivity Framework for Large-scale GPU/CPU Stencil Applications, IHPCES/ICCS 2016, June 6, 2016

S. Watanabe, T. Aoki, Y. Hasegawa: Large-scale Simulations for Fluidization using Coupled Lattice Boltzmann Method and Discrete Element Method on a GPU Supercomputer, ECCOMAS Congress 2016, Crete Island, Greece, June 7, 2016

Yuta Hasegawa, Takayuki Aoki, Hiromichi Kobayashi: Aerodynamics Study using Locally Mesh-refined Lattice Boltzmann Method for a GPU Computation, ECCOMAS Congress 2016, Crete Island, Greece, June 7, 2016

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: Large-Scale Particle Simulations for Debris Flows Using Dynamic Load Balance with Space Filling Curves on a GPU-RICH Supercomputer, ECCOMAS Congress 2016, Crete Island, Greece, June 8, 2016

長谷川雄太、青木尊之: Octree型AMRを導入した格子ボルツマン法のC++テンプレートを用いたカーネル生成によるGPU計算の高速化, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム(ACS), Vol. 9, No. 2, P34-45, 2016年7月14日

青木尊之: 動的負荷分散によるGPUスパコンを用いた粒子法の大規模シミュレーション手法の開発 II - 流体・構造連成計算への適用 -, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第7回 シンポジウム, 東京, 2016年7月14日

青木尊之: 適合細分化格子を用いた格子ボルツマン法による非球形固体粒子との直接相互作用計算に基づいた大規模混相流シミュレーション, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第7回 シンポジウム, 東京, 2016年7月14日

下川辺隆史: 高精細計算を実現するAMR法フレームワークの構築, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第7回 シンポジウム, 東京, 2016年7月14日

下川辺隆史: 大規模GPU/CPU計算に向けた高生産フレームワークの構築とこれを用いた都市気流計算コードの開発, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第7回 シンポジウム, 東京, 2016年7月15日

青木尊之: GPUを用いた粒子法・格子法による大規模流体解析, 愛知, 2016年7月19日
Takayuki Aoki: Large-scale Complex Flow Simulations using Particle and Mesh Methods on a GPU supercomputer, WCCM XII & APCOM VI 2016, Seoul, Korea, July 25, 2016
T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, S. Sakane, T. Shimokawabe, T. Aoki: Large-scale phase-field simulations of dendrite growth using a GPU supercomputer, 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM9), Kyoto, August 5, 2016
青木尊之: GPUを用いた超並列高速計算入門-W-GPUスパコンによる大規模物理シミュレーション, システム制御情報学会誌, Vol.60 No.8, , 2016年8月15日

青木尊之: GPGPUによる超並列計算 - GPGPU高速化アルゴリズムと計算事例(流体計算,樹枝状凝固成長など -, 鉄鋼協会 熱経済技術部会 技術検討会, 東京, 2016年8月30日

T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki: Large-scale Phase-field Studies of Three-dimensional Dendrite Competitive Growth at the Converging Grain Boundary during Directional Solidification of a Bicrystal Binary Alloy, ISIJ International, Vol. 56 (2016), No. 8, P1427–1435, August 31, 2016

森口周二、太田勇真、高瀬慎介、寺田賢二郎、阿部慶太、青木尊之: 個別要素法による土砂流動解析の計算条件に関する一考察, 第71回土木学会年次学術講演会, 仙台, 2016年9月9日

長谷川雄太、青木尊之、小林宏充: 適合格子細分化法を導入した格子ボルツマン法のGPU 計算による自転車競技の空力解析, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), 名古屋, 2016年9月22日

黄遠雄、青木尊之、杉山暁洋: 爆風による破片飛散の大規模シミュレーション, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), 名古屋, 2016年9月22日

松下真太郎、青木尊之、高木知弘、相原慎太郎: 保存型IDO 法を用いたPhase-Field 法による界面捕獲手法の検討, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), 名古屋, 2016年9月22日

渡辺勢也、 青木尊之、 長谷川雄太: LBM-DEM の直接相互作用計算による流動層の大規模シミュレーション, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), 名古屋, 2016年9月23日

三好英輔、高木知弘、坂根慎治、大野宗一、澁田靖、青木尊之: 大規模multi-phase-field 計算に基づく理想粒成長過程の考察, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), 名古屋, 2016年9月23日

坂根慎治、高木知弘、大野宗一、澁田靖、下川辺隆史、青木尊之: デンドライト沈降現象のphase-field 格子ボルツマンシミュレーション, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), 名古屋, 2016年9月23日

Michael Gestrich, Takayuki Aoki, Stefan Adami, T Thomas Indinger: A large-scale SPH Two-Phase Flow Simulation using Multiple GPUs, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), Nagoya, September 23, 2016

青木尊之: GPUスパコンによる大規模LBM計算, 伝熱, Vol.55, No. 233, P22-28, 2016年10月1日

T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki: Primary arm array during directional solidification of a single-crystal binary alloy: Large-scale phase-field study, Acta Materialia, Vol.118, P230–243, October 1, 2016

T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki: Large-Scale Phase-Field Computations of Dendrite Growth by GPU Supercomputer, USACM Conference on Isogeometric Analysis and Meshfree Methods, San Diego, USA, October 12, 2016

青木尊之: GPU スパコンによる大規模粒子法・格子法シミュレーション, RIMS研究集会 現象解明に向けた数値解析学の新展開II, 京都, 2016年10月19日

T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, S. Sakane, T. Shimokawabe, T. Aoki: Large-scale GPU computations of dendrite growth using phase-field method, IUMRS International Conference in Asia (IUMRS-ICA), Qingdao, China, October 20, 2016

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: Effective Dynamic Load Balance using Space-Filling Curves for Large-Scale SPH Simulations on GPU-rich Supercomputers, SC16, Salt Lake City, USA, November 14, 2016

Mohamed Wahib, Naoya Maruyama, Takayuki Aoki: Daino: A High-level Framework for Parallel and Efficient AMR on GPUs, SC16, Salt Lake City, USA, November 18, 2016

Naoyuki Onodera, Takayuki Aoki, Kensuke Yokoi: A fully conservative high-order upwind multi-moment method using moments in both upwind and downwind cells, International Journal for Numerical Methods in Fluids, Vol.82, P449–538, November 20, 2016

S. Sakane, T. Takaki, R. Rojas, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki: Multi-GPUs parallel computation of dendrite growth in forced convection using the phase-field-lattice Boltzmann model, Journal of Crystal Growth, November 25, 2016

T. Takaki, R. Rojas, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki: Phase-field-lattice Boltzmann studies for dendritic growth with natural convection, Journal of Crystal Growth, November 30, 2016

渡辺勢也、青木尊之、長谷川雄太: 流体ー固体粒子間相互作用の直接計算による大規模流動化シミュレーション, 第22回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム, 東京, 2016年12月8日

青木尊之: LBM の強み・弱みとGPUスパコンによる混相流シミュレーション, 第26回LBM研究会, 大阪, 2016年12月9日

渡辺勢也、青木尊之、長谷川雄太: 格子ボルツマン法による舞い落ちるイチョウの葉の大規模流体-構造連成シミュレーション, 第30回数値流体力学シンポジウム (CFD2016), 東京, 2016年12月12日

黄遠雄、青木尊之、杉山暁洋: A Large-scale Simulation for Blast wave-debris Interaction using a GPU Supercomputer, 第30回数値流体力学シンポジウム (CFD2016), 東京, 2016年12月12日

松下真太郎,青木尊之: 弱圧縮性流体解析手法による気液二相流解析, 第30回数値流体力学シンポジウム (CFD2016), 東京, 2016年12月13日

Michael Lahnert: Minimally-Invasive Integration of P4est in Espresso for Adaptive Lattice-Boltzman, CFD2016, Tokyo, December 14, 2016

岩崎颯、青木尊之、渡辺勢也、長谷川雄太: 格子ボルツマン法による魚のフリー・スイミングのシミュレーション, 第30回数値流体力学シンポジウム (CFD2016), 東京, 2016年12月15日

森口周二、太田勇真、高瀬慎介、寺田賢二郎、阿部慶太、青木尊之: 個別要素法を用いた大規模土砂流動実験の再現解析, 土木学会論文集 A2(応用力学), Vol. 72, 2016, No. 2, P449-457, 2017年1月29日

Takashi Shimokawabe, Toshio Endo, Naoyuki Onodera, Takayuki Aoki: Performance Evaluation of Wind Simulation Based on a GPU-computing Framework to Realize Large-scale Stencil Computations Beyond Device Memory Capacity, The 7th AICS International Symposium, Kobe, February 23, 2017

Takayuki Aoki CFD Applications Using Adaptive Mesh and Space-Filling Curves on a GPU Supercomputer, 2017 SIAM Conference on Computational Science and Engineering, Atlanta, USA, February 27, 2017

Takashi Shimokawabe: Large-scale GPU Applications Based on a High-productivity Stencil Framework, Computational Sciences Workshop 2017, Kanagawa, March 6, 2017

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki, Yuta Hasegawa  Large-scale Simulations for Gas-solid Two-phase Flows, The 11th China-Japan-Korea Student Symposium, Hangzhou, China, March 10, 2017

高木知弘、坂根慎治、大野宗一、澁田靖、下川辺隆史、青木尊之: Phase-field格子ボルツマン計算によるデンドライト一方向凝固組織に及ぼす自然対流の影響評価, 日本鉄鋼協会 第173回春季講演大会, 東京, 2017年3月15日

S. Sakane, T. Takaki, R. Rojas, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki: Multi-GPUs parallel computation of dendrite growth in forced convection using the phase-field-lattice Boltzmann model, Journal of Crystal Growth, 2017

2015年度

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理: 非球形粒子を用いた個別要素法による大規模粉体シミュレーション, 粉体工学会2015年度春期研究発表会, 東京, 2015年5月19日

都築怜理、青木尊之: 動的領域分割を用いた流体構造連成によるサスペンション・フローの大規模GPU計算, 2015年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, 2015年5月20日

都築怜理、青木尊之: サスペンション・フローの超大規模シミュレーション, 粉体工学会2015年度春期研究発表会, 東京, 2015年5月20日

T Takaki, R Rojas, M Ohno, T Shimokawabe, T Aoki: GPU phase-field lattice Boltzmann simulations of growth and motion of a binary alloy dendrite , Materials Science and Engineering, Vol. 84, June 1, 2015

S Sakane, T Takaki, M Ohno, T Shimokawabe, T Aoki: GPU-accelerated 3D phase-field simulations of dendrite competitive growth during directional solidification of binary alloy , Materials Science and Engineering, Vol. 84, June 1, 2015

Christian Feichtinger, Johannes Habich, Harald Kostler, Ulrich Rude, Takayuki Aoki: Performance modeling and analysis of heterogeneous lattice Boltzmann simulations on CPU-GPU clusters, Parallel Computing, Vol. 46, June 1, 2015

青木尊之: GPUスパコンによる大規模流体・粒子シミュレーション, 2015年度 放電学会シンポジウム, 東京, 2015年6月5日

下川辺隆史: ステンシル計算のための高生産GPUコンピューティング・フレームワークの高度化, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月8日

泉田康太、青木尊之、小野寺直幸、杉原健太、中島聖、本郷均、横畑英明: 複数GPUを用いた気液分離装置のシミュレーション, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月8日

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理、下川辺隆史: GPUを用いた個別要素法計算における近傍探索手法の比較評価, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月8日

長谷川雄太、青木尊之、小野寺直幸: 格子ボルツマン法における適合細分化格子のGPU実装, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月8日

都築怜理、青木尊之: GPUスパコンにおける動的負荷分散を用いた大規模流体構造連成シミュレーション, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月8日

杉山暁洋、青木尊之、本多潔: 浅水波方程式の高精度スキームによる安定な遡上シミュレーション, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月8日

杉原健太、青木尊之、内山久和: 垂直軸型風車付き津波避難タワーに対する津波波圧の数値解析, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月9日

岡本成史、山中晃徳、下川辺隆史、青木尊之: 多結晶粒成長過程における析出物によるピンニングの大規模マルチフェーズフィールドシミュレーション, 第20回計算工学講演会, つくば, 2015年6月10日

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: Large-scale SPH Simulations using Dynamic Load Balance on a GPU Supercomputer , Computational Methods in Marine Engineering (Marine 2015), Rome, Italy, June 15, 2015

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理: 接触相互作用に基づく格子法のGPU計算におけるメモリアクセスの改善による高速化, 第149回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 東京, 2015年6月26日

長谷川雄太、青木尊之: ステンシル計算の高速化のためのC++テンプレートによるGPUカーネル生成, 第149回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 東京, 2015年6月26日

下川辺隆史: マルチGPUコンピューティング・フレームワークを用いた高精度気象計算コードの開発, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第7回 シンポジウム, 東京, 2015年7月9日

青木尊之: 動的負荷分散によるGPUスパコンを用いた粒子法の大規模シミュレーション手法の開発II 流体・構造連成計算への適用, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第7回 シンポジウム, 東京, 2015年7月9日

Takayuki Aoki, Satori Tsuzuki, Seiya Watanabe: Large-Scale Suspension Flow Simulations Using a Particle Method on a GPU Supercomputer, 13th US National Congress on Computational Mechanics, San Diego, USA, July 28, 2015

都築怜理、青木尊之: GPUスパコンによる動的領域分割を用いたサスペンション・フローの大規模粒子法シミュレーション, 日本応用数理学会2015年度年会, 金沢, 2015年9月9日

下川辺隆史、青木尊之、小野寺直幸: 自動チューニング機構の導入によるステンシル計算のためのGPUコンピューティング・フレームワークの高度化, 日本応用数理学会2015年度年会, 金沢, 2015年9月11日

Michel Muller: Performance meets Portability: Unified Parallel Programming for GPU and CPU, GTC Japan 2015, Tokyo, September 18, 2015

Ahmad Nurul Huda、神田学、小野寺直幸、青木尊之、八木綾子: LBMを用いた中立都市大気境界層の相似性の検討, 日本流体力学会年会2015, 東京, 2015年9月26日

Seiya Watanabe, Takayuki Aoki, Satori Tsuzuki: Large-scale DEM Simulations using Non-spherical Elements on GPU, PARTICLES2015, Barcelona, Spain, September 28, 2015

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: Large-scale Particle-based Simulations for Granular and Fluid Dynamics using Dynamic Load Balance on a GPU supercomputer, PARTICLES2015, Barcelona, Spain, September 29, 2015

岡元成史、山中晃徳、下川辺隆史、青木尊之: 可動分散粒子によるピンニングを考慮した多結晶粒成長の3次元マルチフェーズフィールドシミュレーション, 第28回 計算力学講演会, 横浜, 2015年10月10日

長谷川雄太、青木尊之: 適合細分化格子LBMによる複雑形状物体周りの流れのLES計算, 第28回 計算力学講演会, 横浜, 2015年10月10日

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理: GPUによる実形状粉体モデルを用いた大規模 DEM シミュレーション, 第28回 計算力学講演会, 横浜, 2015年10月11日

Takayuki Aoki, Satori Tsuzuki, Yuta Hasegawa: Dynamic domain decomposition using space-filling curves for large-scale computational mechanics applications, 3rd International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM-III), Ryogoku, Tokyo, October 13, 2015

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Naoyuki Onodera: Advanced High-productivity Framework for Stencil Applications on GPU Supercomputers, 3rd International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM-III), Ryogoku, Tokyo, October 14, 2015

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理、下川辺隆史: 接触による粒子間相互作用のGPU計算での近傍探索手法, 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム, Vol.8 No.4, 2015年11月20日

青木尊之: GPU スパコンによる粒子法・格子法の大規模シミュレーション, 東北地区応用力学フォーラム 計算力学コロキウム, 仙台, 2015年11月24日

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理: GPUによる非球形粒子を用いたDEMの大規模シミュレーション, 粉体工学会誌, Vo.52 No.12, 2015年12月10日

渡辺勢也、青木尊之、長谷川雄太: LBM-DEM固液二相流のGPU計算, 第29回数値流体力学シンポジウム, 福岡, 2015年12月15日

長谷川雄太、青木尊之、小林宏充: Octree細分化格子を導入した格子ボルツマン法による乱流のGPU計算, 第29回数値流体力学シンポジウム, 福岡, 2015年12月16日

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki: Advanced GPU Direct-MPI Hybrid Framework with Block-Based Data Structure for E cient AMR on Multi-GPU Systems, 第29回数値流体力学シンポジウム, 福岡, 2015年12月17日

青木尊之: GPUスパコンを用いた格子ボルツマン法/有限体積法/粒子法による大規模流体シミュレーション, 日本機械学会 第28回バイオエンジニアリング講演会, 東京, 2016年1月10日

Takashi Shimokawabe: High-resolution Weather Prediction Code based on High-productivity Framework for Multi-GPU computation, 2nd Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI2016), Fukuoka, January 19, 2016

Takayuki Aoki: Beyond Peta-scale on Stencil and Particle-based GPU Applications, SPPEXA Annual Plenary Meeting, Munich, Germany, January 28, 2016

Tomohiro Takaki, Munekazu Ohno, Yasushi Shibuta, Shinji Sakane, Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki: Two-dimensional phase-field study of competitive grain growth during directional solidification of polycrystalline binary alloy, Journal of Crystal Growth, January 29, 2016

中島研吾、青木尊之: スーパーコンピューティングの展望 計算機とアルゴリズム, 日本計算工学会 20周年記念号, 2016 Vol.21 No.1, 2016年1月31日

Takayuki Aoki: Large-scale physics-based simulations and scientific visualizations, The Visualisation, Big Data, Art and Science Festival 2016 , Brisbane, Queensland, February 18, 2016

Takayuki Aoki: Large-scale Complex Flow Simulations on a GPU Supercomputer, KAUST-GSIC Symposium on Hierarchical Solvers for Complex Flow Simulation, King Abdullah University of Science and Technology, Saudi Arabia, February 28, 2016

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki: Advanced GPU Direct-MPI Hybrid Framework for Efficient CFD/MHD Simulations with AMR on Multi-GPU Systems, KAUST-GSIC Symposium on Hierarchical Solvers for Complex Flow Simulation, King Abdullah University of Science and Technology, Saudi Arabia, February 28, 2016

Kenta Sugihara: Two Phase Flow Simulation Based on the Interface-tracking Method on Multi-GPU Cluster, KAUST-GSIC Symposium on Hierarchical Solvers for Complex Flow Simulation, King Abdullah University of Science and Technology, Saudi Arabia, February 28, 2016

Kenta Sugihara, Takayuki Aoki: Numerical study on the tsunami impact pressure for structures using a VOF-based two-phase solver on a GPU supercomputer, Violent Flows 2016, Namba, Osaka, March 9, 2016

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: Large-scale Particle-based Simulations for Debris Flows using Dynamic Load Balance on a GPU Supercomputer, Violent Flows 2016, Namba, Osaka, March 10, 2016

青木尊之: 災害・ものづくり系シミュレーションとスパコンからのイノベーション, 平成27年度地球シミュレータ利用報告会, 東京, 2016年3月11日

青木尊之: GPUによる高コスパCAE, 非線形CAE協会シンポジウム, 名古屋, 2016年3月27日

2014年度

Xian Wang, Yanqin Shangguan, Naoyuki Onodera, Hiromichi Kobayashi, Takayuki Aoki: Direct Numerical Simulation and Large Eddy Simulation on a Turbulent Wall-Bounded Flow Using Lattice Boltzmann Method and Multiple GPUs, Mathematical Problems in Engineering, Vol.2014, Article ID 742432, 10pages(1-10), April 14, 2014

Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Tatsuhiko Hara, Takeshi Nakamura, Takayuki Aoki: Large-Scale Multi-GPU Simulation of Seismic-Wave Propagation and Its Application to Analysis of the 2011 Great Tohoku-Oki Earthquake, The 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, Sendai, April 17, 2014

Marlon Arce Acuña, Takayuki Aoki: Large Scale AMR Multi-GPU Tsunami Simulation, The 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, Sendai, April 17, 2014

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Naoyuki Onodera: Multi-GPU Computing of Weather Prediction Code Written by a High-Productivity Framework, The 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, Sendai, April 17, 2014

Nurul Huda Ahmad, Atsushi Inagaki, Manabu Kanda, Naoyuki Onodera, Takayuki Aoki: Simulation of the Gust Factor in Highly Dense Urban Area in Tokyo, The 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, Sendai, April 17, 2014

Yuchen Xin, Hon-Cheng Wong, Un-Hong Wong: Transfer Function for Direct Volume Rendering in the the Fashion of WYSIWYD (What You See Is What You Design), International Journal of Advancements in Computing Technology, P84-95, November 30, 2013

Un-Hong Wong, Hon-Cheng Wong, Yonghui Ma: Global magnetohydrodynamic simulations on multiple GPUs, Computer Physics Communications 185 (2014), P144-152, January 1, 2014

Un-Hong Wong, Yunzhao Wu, Hon-Cheng Wong, Yanyan Liang, Zesheng Tang: Modeling the Reflectance of the Lunar Regolith by a New Method Combining Monte Carlo Ray Tracing and Hapke’s Model with Application to Chang’E-1 IIM Data, The Scientific World Journal (volume 2014), January 12, 2014

小野寺直幸、青木尊之: GPUを用いた固体粒子を含む固気液三相流の大規模シミュレーション, 日本混相流学会 混相流27巻5号(2014), P607-613, 2014年5月1日

Naoyuki Onodera and Takayuki Aoki: Peta-scale large-eddy simulation using lattice Boltzmann method on the TSUBAME supercomputer, KSME-JSME Joint Symposium on Computational Mechanics & CAE 2014 at JEJU, JEJU, Korea, May 1, 2014

都築怜理、青木尊之: GPUスパコンを用いたバンカーショットの大規模DEM計算, 粉体工学会2014 年度春期研究発表会, 京都, 2014年5月30日

下川辺隆史、青木尊之、小野寺直幸: GPUコンピューティング・フレームワークを用いた気象計算コードの開発, 日本計算工学会・第19回計算工学講演会, 広島, 2014年6月11日

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong: Large-scale Global MHD Simulation and Visualization for Solar Wind Magnetosphere Interaction on TSUBAME 2.5, 日本計算工学会 第19回計算工学講演会, 広島, 2014年6月11日

都築怜理、青木尊之: GPUによる大規模粒子法シミュレーションの実問題への適用, 日本計算工学会・第19回計算工学講演会, 広島, 2014年6月11日

小野寺直幸,青木尊之,下川辺隆史: 複数 GPU を用いた格子ボルツマン法による卓球競技のピンポン玉のシミュレーション, 日本計算工学会・第19回計算工学講演会, 広島, 2014年6月12日

都築怜理、青木尊之: GPUスパコンによる大規模粒子法(DEM, SPH)シミュレーション, 第6回アクセラレーション技術発表討論会, 沖縄, 2014年6月20日

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong: Real-time Global Magnetohydrodynamic Simulation and Visualization on Multiple GPUs, 16th International Symposium on Flow Visualization, Okinawa, Japan, Jun 24, 2014

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong: Real-time Ray Tracing for CFD Visualization via NVIDIA Iray, 16th International Symposium on Flow Visualization, Okinawa, Japan, Jun 24, 2014

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong: Efficient magnetohydrodynamic simulations on distributed multi-GPU systems using a novel GPU Direct–MPI hybrid approach, Computer Physics Communications 185 (2014), P1901-1913, July 1, 2014

青木尊之、都築怜理: 動的負荷分散によるGPUスパコンを用いた粒子法の大規模シミュレーション手法の開発, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 第6回シンポジウム, 東京, 2014年7月10日

下川辺隆史、青木尊之、小野寺直幸: マルチGPUコンピューティング・フレームワークを用いた高精度気象計算コードの開発, 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 第6回シンポジウム, 東京, 2014年7月10日

小野寺直幸、青木尊之、下川辺隆史、小林宏充: 複数GPUを用いた格子ボルツマン法による大規模流体・構造連成解析 −卓球競技におけるピンポン玉の軌道の解析−, 学術大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 第6回シンポジウム, 東京, 2014年7月10日

都築怜理: 動的負荷分散によるSPH/DEM 大規模粒子法シミュレーション, GTCJapan2014, 六本木, 2014年7月16日

Naoyuki Onodera, Takayuki Aoki: Large-eddy simulation of turbulent flow around a car body using lattice Boltzmann method on the TSUBAME supercomputer, 11th. World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), Barcelona, Spain, July 20-25, 2014

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: large-scale particle simulations using dynamic load balance on GPU supercomputer, 11th. World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), Barcelona, Spain, July 24, 2014

Takashi Shimokawabe: A High-productivity Framework on GPU-rich Supercomputers for Mesh-based applications, Workshop on HPC and Cloud Accelerators, 神戸, 2014年8月26日

Takayuki Aoki: Large-scale Stencil and Particle Simulations on GPU supercomputer TSUBAME, CEMSE(Computer, Electrical and Mathematical Sciences & Engineering) Seminar, KAUST(King Abdullah University of Science and Technology), Thuwal, Saudi Arabia, September 3, 2014

Takayuki Aoki: Stencil Applications with AMR based on Space-Filling Curve for GPU computing, KAUST the CREST-ECRC workshop(KAUST Invited Lecture), KAUST(King Abdullah University of Science and Technology), Thuwal, Saudi Arabia, September 4, 2014

Takashi Shimokawabe: High-productivity Framework on GPU-rich Supercomputers for Weather Prediction Code, KAUST the CREST-ECRC workshop(KAUST Invited Lecture), KAUST(King Abdullah University of Science and Technology), Thuwal, Saudi Arabia, September 4, 2014

小野寺直幸、青木尊之、下川辺隆史、杉原健太、宮下達治、泉田康太: GPUを用いた大規模アプリケーションの最適化および可視化, 日本原子力学会「2014年秋の大会」、計算科学技術部門企画セッション「解析結果可視化の最前線」, 京都, 2014年9月8日

杉原健太、小野寺直幸、青木尊之: 格子法による気液二相流のGPUスパコンを用いた大規模シミュレーション —粒子法と同じ自由度で直接比較—, ワークショップ 自由表面や気液界面を含む流れの数値解析—粒子法と格子法, 数理と実践—, 博多, 2014年9月10日

都築怜理、青木尊之: 動的負荷分散による粒子法(SPH/DEM)の大規模シミュレーション—GPUスパコンでの実装と性能—, ワークショップ 自由表面や気液界面を含む流れの数値解析—粒子法と格子法, 数理と実践—, 博多, 2014年9月10日

青木尊之: Large-scale HPC Applications on a GPU supercomputer TSUBAME, エレクトロニクス実装学会 システムインテグレーション実装技術委員会・研究会, 西荻窪, 2014年9月11日

小野寺直幸、青木尊之、泉田康太: 格子ボルツマン法を用いたピンポン玉の運動の大規模ラージエディ・シミュレーション, 日本流体力学会年会 2014, 仙台, 2014年9月16日

青木尊之: 世界トップクラスのスパコンによるコンピュータシミレーション, 河合塾「未来発見フォーラム2014」, 東京, 2014年10月12日

小野寺直幸、青木尊之、泉田康太: ピンポン玉の運動のスパコンによる大規模流体構造連成解析, 第92期 日本機械学会流体工学部門, 富山, 2014年10月26日

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong: Real-time Volume Visualization for Large-scale Grid-based Fluid Simulations on Distributed multi-GPU System, 平成26年度 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究集会 シンポジウム「デジタル映像表現のための数理的手法(MEIS2014)」, 福岡, 2014年11月14日

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Naoyuki Onodera: High-productivity Framework on GPU-rich Supercomputers for Operational Weather Prediction Code ASUCA, Proceedings of the 2014 ACM/IEEE conference on Supercomputing (SC'14), New Orleans, LA, USA, November 18, 2014

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: Large-scale granular simulations using Dynamic load balance on a GPU supercomputer, Proceedings of the 2014 ACM/IEEE conference on Supercomputing (SC'14), New Orleans, LA, USA, November 18, 2014

Michel Müller: Performance Portable Parallel Programming - Compile-Time Defined Parallelization and Storage Order for Accelerators and CPUs, Proceedings of the 2014 ACM/IEEE conference on Supercomputing (SC'14), New Orleans, USA, November 18, 2014 

都築怜理、青木尊之: GPUスパコンにおける動的負荷分散を用いた粒子法による大規模流体シミュレーション, 日本機械学会 第27回計算力学講演会, 盛岡, 2014年11月22日

小野寺直幸、青木尊之、泉田康太: ピンポン玉の乱流中での浮遊の 大規模流体構􏰀連成解析, 日本機械学会 第27回計算力学講演会, 盛岡, 2014年11月24日

青木 尊之: GPUコンピューティングによる大規模シミュレーション, プラズマ核融合学会誌・解説記事2014(j.Plasma Fusion Res. Vol.90, No.12(2014)755-763), P755-763, 2014年12月1日

Takayuki Aoki: Large-scale Stencil and Particle Applications and Their Performances on a GPU supercomputer, JST/CREST International Symposium on Post Petascale System Software, 神戸, 2014年12月4日

杉山暁洋、青木尊之、本多潔: インド洋に面した地域の津波ハザード・シミュレーションU -高精度スキームによる遡上シミュレーション-, 第28回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2014年12月9日

泉田康太、青木尊之、小野寺直幸、杉原健太、中島聖、本郷均、横畑 英明: 流入・流出を伴う気液二相が存在する容器内における気泡挙動の解析, 第28回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2014年12月9日

Marlon Arce Acuña, Takayuki Aoki, Kiyoshi Honda: Tsunami Hazard Simulation in Indian Ocean Coasts I - Wide-area Simulation with Fine Mesh Adaptation -, 28回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2014年12月9日

杉原健太、青木尊之、内山久和: 垂直軸型風車付き津波避難タワーの解析TーVOFベース大規模シミュレーションによる津波衝撃圧の評価ー, 28回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2014年12月9日

都築怜理、青木尊之: GPUスパコンにおける動的負荷分散を用いた粒子法による大規模流体シミュレーション, 28回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2014年12月10日

長谷川雄太、青木尊之、小野寺直幸: 格子細分化を導入したD3Q27格子ボルツマン法のGPU実装, 28回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2014年12月10日

藤山 崇紘、青木 尊之: 適合細分化格子を用いた複数GPUによる圧縮性流体計算, 28回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2014年12月10日

下川辺隆史、青木尊之、小野寺直幸: ステンシル計算のための GPU コンピューティング・フレームワークのチューニング高度化, 第205回ARC・第147回HPC合同研究発表会(HOKKE-22), 小樽, 2014年12月10日

渡辺勢也、青木尊之、都築怜理、下川辺隆史: GPUによる近接相互作用に基づく粒子計算の近傍探索手法, 第205回ARC・第147回HPC合同研究発表会(HOKKE-22), 小樽, 2014年12月10日

下川辺隆史、青木尊之、小野寺直幸: GPUスパコンによる格子に基づいたシミュレーションのためのGPUコンピューティング・フレームワーク, AXIES大学ICT推進協議会 2014年度年次大会, 仙台, 2014年12月12日

藤山 崇紘、青木 尊之: 7点ステンシル計算(拡散方程式)に対する GPUとMIC の実行性能比較, 首都大学東京ミニ研究環ワークショップ「メニーコアシステムにおける格子アプリケーション-GPUとMICの実行性能比較-」, 秋葉原, 2014年12月12日

Takayuki Aoki: Large-scale stencil and particle applications and their performances on a GPU supercomputer, Workshop on Recent Advances in Parallel and High Performance Computing Techniques and Applications, Singapore, January 15, 2015

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong: A GPU Direct-MPI Hybrid Parallel and Its Application to Large-scale Global MHD Simulation and In-Situ Visualization on Distributed Multi-GPU Systems, Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI) 2015, 筑波, January 28, 2015

下川辺隆史: A High-Productivity Framework for Multi-GPU Computing of Weather Prediction Code ASUCA, GTC 2015, San Jose, CA, USA, March 17, 2015

山中晃徳 、岡本成史、下川辺隆史、青木尊之: マルチフェーズフィールド法を用いた金属多結晶組織形成シミュレーションの大規模GPU計算, TSUBAME ESJ Vol.13, 2015年3月10日

都築怜理、渡辺勢也、青木尊之: 個別要素法による 粉体の大規模シミュレーション, TSUBAME ESJ Vol.13, 2015年3月10日

2013年度

岡元太郎,竹中博士,青木尊之:地震学における大規模・高性能GPU計算,日本地球惑星科学連合2013年大会,千葉県幕張市, 2013年5月20日

岡元太郎,竹中博士,原辰彦,中村武史,青木尊之: 3次元グリーンテンソル波形によるインバージョンで推定した2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程,日本地球惑星科学連合2013年大会,千葉県幕張市,2013年5月23日

丹愛彦,青木尊之: CFDが描く流体潤滑の新しい世界,日本トライボロジー学会誌「トライボロジスト」, 2013年6月15日

都築怜理,青木尊之,下川辺隆史,小野寺直幸: GPU スパコンにおける大規模粒子法計算の動的負荷分散,第18回計算工学講演会,東京,2013年6月19日

都築怜理,青木尊之,下川辺隆史,小野寺直幸: GPU による1 億個の粒子を用いた大規模個別要素法シミュレーション,第18回計算工学講演会,東京,2013年6月20日

黄遠雄,青木尊之,黄漢青:Efficient CFD/MHD Simulation for Distributed Multi-GPU System using GPU Direct 2.0,日本計算工学会,東京大学生産技術研究所,2013年6月19日

藤山崇紘,青木尊之,小野寺直幸,下川辺隆史:最新マルチコアにおける圧縮性流体計算 〜GPUとMICの比較〜,日本計算工学会,東京大学生産技術研究所,2013年6月19日

Takayuki Aoki: GPU Computing and HPC Applications on a GPU-rich Supercomputer, Annual Meeting of TWSIAM, Providence University (Taichung), Taiwan, Jun.2, 2013

Takayuki Aoki: A Turbulent Air Flow Simulation in Metropolitan Tokyo for 10km x 10km area with 1m resolution and Several Peta-scale Real-world Simulations on TSUBAME 2.0, Workshop: Big Data and CFD Simulation on TSUBAME 2.0, A*STAR Computational Resource Centre (A*CRC), Singapore, Jul.2, 2013

小野寺直幸:TSUBAME2.0の全ノードを用いた東京都心部 10km×10km の 1m 解像度による気流シミュレーション, GTC (GPU Technology Conference) Japan 2013, 東京, 2013年7月30日

Un-Hong Wong, Hon-Cheng Wong, Meng Zhu, Aoki Takayuki: Toward Real-time Ray Tracing for CFD Visualization via NVIDIA Iray, GTC (GPU Technology Conference) Japan 2013, 東京, 2013年7月30日

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki1, Hon-Cheng Wong: Efficient TVD MHD Simulations on a Distributed Multi-GPU System Using GPU Direct 2.0, The 11th International School / Symposium for Space Simulations, National Central University, Taiwan, R.O.C., Jul.23, 2013

青木尊之: スパコンTSUBAMEによるペタスケール格子系アプリケーション, GPUコンピューティングチュートリアル講演会,首都大学東京南大沢キャンパス, 2013年8月6日

小野寺直幸、青木尊之: GPU を用いた固体粒子群を含む固気液三相流の大規模シミュレーション, 日本混相流学会・混相流シンポジウム2013,信州大学 長野キャンパス, 2013年8月7日

Takayuki Aoki: Large-scale CFD Applications on GPU Supercomputer TSUBAME, 第二十屆全國計算流體力學學術研討會 (CFD21),中興大學惠蓀林場(台中,台湾), 2013年8月22日

都築怜理,青木尊之,下川辺隆史: GPU スパコンにおける1 億個のスカラー粒子計算の強スケーリングと動的負荷分散,情報処理学会論文誌コンピューティングシステム, Vol.9, No.3, P.82-93, 2013

T. Takaki, T. Shimokawabe, M. Ohno, A. Yamanaka, T. Aoki: Unexpected selection of growing dendrites by very-large-scale phase-field simulation, Journal of Crystal Growth, 21-25, Volume 382, 2013

小野寺直幸,青木尊之: GPUを用いた固体粒子群を含む固気液三相流の大規模シミュレーション,日本混相流学会混相流シンポジウム,信州大学,2013年8月9日

小野寺直幸: TSUBAME 2.0の全ノードを用いた格子ボルツマン法による東京都心部10km四方の大規模LES気流シミュレーション,第5回アクセラレーション技術発表討論会, 会津大学,2013年9月5日

小野寺直幸,青木尊之,下川辺隆史: GPU を用いた格子ボルツマン法による大規模流体・構造連成解析,日本流体力学会年会2013,東京農工大学,2013年9月12日

S. Tsuzuki, T. Aoki and T. Shimokawabe: A Large-scale Particle Simulations based on Dynamic Load Balance on a GPU-rich Supercomputer, Third Conference on Particle-Based Methods PARTICLES 2013, Stuttgart, Germany, Sep.18,2013

都築怜理,青木尊之,下川辺隆史:近接相互作用に基づく大規模粒子計算(個別要素法)における効率的な動的負荷分散手法の提案とGPU スパコンでの実装,日本応用数理学会2013年度年会,福岡, 2013年9月9日

Marlon Rodolfo Arce Acuna and Takayuki Aoki: AMR Multi-GPU Accelerated Tsunami Simulation, 32th JSST International Conference on Simulation Technology, Tokyo, Feb 4, 2014

岡元太郎,竹中博士,原辰彦,中村武史,青木尊之: 3次元グリーンテンソル波形による2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程(2),日本地震学会2013年秋季大会,神奈川県横浜市, 2013年10月7日

都築怜理,青木尊之: GPU で演算加速された1億個の粒子による大規模粉体シミュレーション, 粉体工学会2013 年度秋期研究発表会,大阪, 2013年10月9日

小野寺直幸: TSUBAME 2.0の4,032台のGPUを用いた格子ボルツマン法による大規模LES気流シミュレーション,学術情報メディアセンターセミナー,京都,2013年10月22日

青木尊之: Space-filling Curve に基づいた AMR (Adaptive Mesh Refinement) 法による圧縮性流体計算のアルゴリズムとGPU実装,学術情報メディアセンターセミナー, 京都,2013年10月22日

Un-Hong Wong, Hon-Cheng Wong, Yonghui Ma: Global magnetohydrodynamic simulations on multiple GPUs, Computer Physics Communications 185 (2014), 144-152

岡本成史,山中晃徳,下川辺隆史,青木尊之: 多結晶粒成長の大規模マルチフェーズフィールドシミュレーション 〜GPU スパコンSUBAME 2.0 への実装〜,日本機械学会・第26回計算力学講演会,佐賀, 2013年11月2日

小野寺直幸,青木尊之,下川辺隆史: GPUを用いた格子ボルツマン法による流体構造連成のラージエディ・シミュレーション,日本機械学会・第26回計算力学講演会,佐賀, 2013年11月2日

黄遠雄,青木尊之,黄漢青: Large-scale 3D MHD simulation on GPU-rich supercomputer TSUBAME,日本機械学会・第26回計算力学講演会,佐賀,2013年11月2日

下川辺隆史,木尊之,小野寺直幸:気象計算コードのためのGPUコンピューティング・フレームワーク,日本機械学会・第26回計算力学講演会,佐賀,2013年11月2日

都築怜理,青木尊之: GPU スパコンを用いた大規模 DEM シミュレーションによる紛体の撹拌解析,日本機械学会・第26回計算力学講演会,佐賀,2013年11月2日

青木尊之: GPUスパコンTSUBAMEによるペタスケール物理シミュレーション,日本計算工学会・S&V (Simulation & Visualization) 研究会,東京(中央大学), 2013年11月26日

青木尊之:複数 GPU (Graphics Processing Unit) による大規模格子計算(FDTD)の高速化,電子情報通信学会・マイクロウェーブワークショップ,パシフィコ横浜, 2013年11月28日

Takashi Shimokawabe: A High-productivity Framework for Multi-GPU Computing of Weather Prediction Code, The 4th AICS International Symposium,理化学研究所AICS(神戸), 2013年12月2日

Satori Tsuzuki, Takayuki Aoki: Dynamic load balance for a granular simulation using billion particles on GPU supercomputer, The 4th AICS International Symposium, 理化学研究所AICS(神戸), 2013年12月2日

小野寺直幸: TSUBAMEのGPUを用いた格子ボルツマン法による流体構造連成のラージエディ・シミュレーション,日本学術会議 第3回計算力学シンポジウム,日本学術会議講堂, 2013年12月3日

青木尊之:ものづくり系アプリの将来 −エクサスケール時代のスパコンを見通して−,第14回IPAB(並列生物情報処理イニシアティブ)シンポジウム,東京, 2013年12月6日

S. Tsuzuki, T. Aoki: Large-scale Particle Simulations using Dynamic Load Balance on TSUBAME 2.0 Supercomputer, Proceedings of the 5th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics and 4th International Symposium on Computational, Singapore, Dec.11,2013

Naoyuki Onodera, Takayuki Aoki, Takashi Shimokawabe, Tatsuji Miyashita, and Hiromichi Kobayashi: Large-Eddy Simulation of Fluid-Structure Interaction using Lattice Boltzmann Method on Multi-GPU Clusters, Proceedings of the 5th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics and 4th International Symposium on Computational, Singapore, Dec.11,2013

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, and Naoyuki Onodera: A High-productivity Framework for Weather Prediction Code on Multi-GPU Computing, Proceedings of the 5th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics and 4th International Symposium on Computational, Singapore, Dec.11,2013

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki and Naoyuki Onodera: Scalability model for multi-GPU computation of stencil applications using regular structured meshes with explicit time integration, 第189回ARC・第132回HPC合同研究発表会(HOKKE-19),北海道大学, 2013年12月16日

小野寺直幸,青木尊之,下川辺隆史,宮下達治: TSUBAME の GPU を用いた格子ボルツマン法による 東京都心部の大規模気流シミュレーション,第27回数値流体力学シンポジウム,名古屋大学, 2013年12月19日

黄遠雄(東工大),青木尊之(東工大),黄漢青(MUST): Efficient large scaleMHD simulations: 3D OT vortexand Solar Wind - Earthinteraction using distributedmulti-GPU system, 第27回数値流体力学シンポジウム,名古屋大学, 2013年12月19日

下川辺隆史,青木尊之,小野寺直幸: 複数GPUによる格子に基づいたシミュレーションのためのマルチGPU コンピューティング・フレームワーク, HPCS2014,一橋大学, 2014年1月8日

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki and Naoyuki Onodera: A High-productivity Framework for Multi-GPU computation of Mesh-based applications, HiStencil, Vienna, Austria, Jan.21,2014

青木尊之: GPUスパコン TSUBAME による大規模 CAE アプリと産業利用,第24回関東CAE懇話会,早稲田大学(東京), 2014年1月21日

Takayuki Aoki: Large-scale GPU Applications for Scientific Computing, SIAM Parallel Processing 2014, Portland, US, Feb.20,2014

Takayuki Aoki: Peta-Scale Flow Simulations using GPUs, Advances in Computational Fluid–Structure Interaction and Flow Simulation, 東京(早稲田大学), 2014年3月20日

Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong: Un-Hong Wong, Takayuki Aoki, Hon-Cheng Wong, GTC 2014(GPU Technology Conference) Japan 2014, San Jose, US, Mar.24,2014

Michel Müller: ASUCA on GPU: Uncompromising Hybrid Port for Physical Core of Japanese Weather Model, GTC 2014(GPU Technology Conference) Japan 2014, San Jose, US, Mar.27,2014

Takashi Shimokawabe: Weather Prediction Code Witten by a High-productivity Framework for Multi-GPU Computing, GTC 2014(GPU Technology Conference) Japan 2014, San Jose, US, Mar.27,2014

Takayuki Aoki: AMR-Based on Space-Filling Curve for Stencil Applications, GTC 2014(GPU Technology Conference) Japan 2014, San Jose, US, Mar.27,2014

2012年度

Takayuki Aoki: Peta-scale GPU applications on TSUBAME2.0, The Salishan Conference on High-Speed Computing 2012, Gleneden Beach, Oregon, USA, April 25, 2012.

青木尊之, 下川辺隆史, 小野寺直幸: 流体解析・電磁界解析に適したGPUコンピューティングと大規模計算化, 電子情報通信学会, 2012年ソサエティ大会, 富山大学 (2012年9月14日) <doc>

小野寺直幸, 青木尊之, 下川辺隆史,小林宏充,「格子ボルツマン法による1m格子を用いた都市部10km四方の大規模LES気流シミュレーション」, 情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会主催HPCSシンポジウム2013, 東京, 2013年1月16日

下川辺隆史, 青木尊之, 小野寺直幸,ブロックAMR 法の GPU コンピューティング・フレームワーク, 情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会主催HPCSシンポジウム2013, 東京, 2013年1月16日

青木尊之: GPUスパコンTSUBAME2.0による大規模格子系アプリケーション,日本機械学会誌,P.81-85, 2013-3, Vol.116, No.1132, ISSN 0021-4728, 2013.

Takayuki Aoki: A 2-Petaflops Stencil Application with Stereoscopic 3D Visualization - Gordon Bell Prize 2011, GPU Technology Conference 2012 (GTC 2012), San Jose, CA, 2012, May 15

青木尊之: Al-Si 二元合金のGPUスパコンによる樹枝状凝固シミュレーション,第25回計算力学講演会, 日本機械学会,神戸,2012年10月6日

青木尊之: TSUBAME 2.0 によるペタ・スケール格子系アプリケーション, 理研シンポジウム「ペタフロップス・マシンのアプリケーション〜その使い方とは〜」,理化学研究所(和光市),2012年10月12日

Takayuki Aoki: Large-scale stencil applications using the whole TSUBAME2.0 resources, 7th IAPR International Conference on Pattern Recognition in Bioinformatics (PRIB 2012), Tokyo, Nov.9, 2012.

下川辺隆史, 青木尊之, 高木知弘, 山中晃徳, 額田彰: GPU スパコン TSUBAME 2.0 によるフェーズフィールド法を用いた 2 petaflops 樹枝状凝固成長計算, 日本計算工学会・第17回計算工学講演会, 京都, 2012年5月30日

小野寺直幸, 青木尊之: GPUを用いたLocal Mesh Refinement法によるLES解析/Local mesh refinement for large eddy simulation with GPU, 日本計算工学会・第17回計算工学講演会, 京都, 2012年5月30日

黒木雅広, 青木尊之: マルチモーメント法に基づく爆風シミュレーションの大規模GPU計算, 日本計算工学会・第17回計算工学講演会, 京都, 2012年5月30日

都築怜理, 青木尊之, 王 嫻, 宮下達路: パッシブスカラー粒子の大規模 GPU 計算, 日本計算工学会・第17回計算工学講演会, 京都, 2012年5月30日

都築怜理, 青木尊之: 複数 GPU を用いた大規模粒子計算の動的負荷分散, 日本機械学会・第25回計算力学講演会, 神戸, 2012年10月7日

小野寺直幸, 青木尊之: 複数 GPU による Local Mesh Refinement 法を用いたチャネル乱流のLES解析, 日本機械学会・第25回 計算力学講演会, 神戸, 2012年10月7日

小野寺直幸, 青木尊之, 小林宏充: GPUを用いた格子ボルツマン法に対するコヒーレント構造Smagorinskyモデルの開発, 日本機械学会・第25回 計算力学講演会, 神戸, 2012年10月8日

青木尊之,下川辺隆史: GPUスパコンにおけるフェーズフィールド法による樹枝状凝固成長の大規模シミュレーショ, 物性研究所 計算物質科学研究センター 第2回シンポジウム, 東京大学・物性研究所(柏), 2012年10月23日

Satori Tsuzuki,  Takayuki Aoki, Takashi Shimokawabe, Wang Xian: Passive scalar computation of billion particles on a GPU supercomputer, The 10th WORLD CONGRESS ON COMPUTATIONAL MECHANICS (WCCM 2012), Sao Paulo, Brazil, 2012, July 11

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Tomohiro Takaki, Akinori Yamanaka, Akira Nukada: Peta-scale GPU Computing of Phase-Field Simulation for Dendritic Solidification on the TSUBAME 2.0 supercomputer, The 10th WORLD CONGRESS ON COMPUTATIONAL MECHANICS (WCCM 2012), Sao Paulo, Brazil, 2012, July 11

Naruhiko Tan, Takayuki Aoki, Changhong Hu, Makoto Sueyoshi : Large-Scale Simulation of Violent Flow Impacting on an Obstacle, 2nd International Conference on Violent Flows, Nantes, France, 2012, September 27

小野寺直幸: コヒーレント構造スマゴリンスキー・モデルを用いた格子ボルツマン法による東京都心部の超大規模シミュレーション,第28回生研TSFDシンポジウム, 東京, 2013年3月8日

Takayuki Aoki:A Peta-scale LES (Large-Eddy Simulation) for Turbulent Flows Based on Lattice Boltzmann Method, GPU Technology Conference 2013, San Jose, CA, 20 March 2012.

Michel Mueller:Hybrid Fortran 90: High Performance, Low Friction GPGPU for Weather Prediction, GPU Technology Conference 2013, San Jose , CA, 20 March 2012.

2011年度

T. Shimokawabe, T. Aoki, T. Takaki, A. Yamanaka, A. Nukada, T. Endo, N., Maruyama, S. Matsuoka: Peta-scale Phase-Field Simulation for Dendritic Solidification on the TSUBAME 2.0 Supercomputer, in Proceedings of the 2011 ACM/IEEE International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis, SC’11, IEEE Computer Society, Seattle, WA, USA, Nov. 15, 2011, SC’11 Technical Papers.

T. Shimokawabe, T. Aoki, J. Ishida, K. Kawano, C. Muroi: 145 TFlops Performance on 3990 GPUs of TSUBAME 2.0 Supercomputer for an Operational Weather Prediction, First International Workshop on Advances in High-Performance Computational Earth Sciences: Applications and Frameworks (IHPCES), Singapore Jun 2011.

下川辺隆史,青木尊之,石田純一,河野耕平,室井ちあし: メソスケール気象モデルASUCA の TSUBAME 2.0 での実行,日本流体力学会雑誌「ながれ」,Vol.30, pp.75-78 (2011年4月) [解説].

GPU-accelerated phase-field simulation of dendritic solidification in a binary alloy, A. Yamanaka, T. Aoki, S. Ogawa, T. Takaki, Journal of Crystal Growth, Vol.318, 2011/03, pp. 40-45.

T. Miki, X. Wang, T. Aoki, Y. Imai, T. Ishikawa, K. Takase and T. Yamaguchi: Patient-specific modelling of pulmonary airflow using GPU cluster for the application in medical practice, Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering, DOI:10.1080/10255842.2011.560842, 02 Aug 2011.

青木尊之: 「新用語解説」GPUコンピューティング, 日本気象学会誌「天気」, 2011年7月号, P.83-85 [解説記事]

Naoyuki Onodera, Takayuki Aoki, Hiromichi Kobayashi: Large-eddy simulation of turbulent channel flows with conservative IDO scheme, Journal of Computational Physics, Volume 230, Issue 14, 20 June 2011, Pages 5787-5805 (2011).

丹愛彦,青木尊之,井上景介,吉谷清文: 回転体に駆動される気液二相流の数値計算,日本機械学会論文集B編,Vol.77, No.781, 1699-1714, (2011).

Wang Xian and Aoki Takayuki: Multi-GPU performance of incompressible flow computation by lattice Boltzmann method on GPU cluster, Parallel Computing, pp.521-535, September 2011, doi:10.1016/j.parco.2011.02.007.

青木尊之: GPU コンピューティング, 日本気象学会誌「天気」, 新用語解説, Vol.58, No.7, pp.657-660, 2011年7月.

青木尊之, 下川辺隆史:GPUスパコンを用いた大規模数値シミュレーション, 日本シミュレーション学会誌「シミュレーション」, Vol.30, No.3, ISSN 0285-9947, pp.163-172, 2011年9月.

Takayuki AOKI, Satoi OGAWA and Akinori YAMANAKA: Multiple-GPU Scalability of Phase-Field Simulation for Dendritic Solidification, Progress in Nuclear Science and Technology, Vol.2, pp.639-642, October 2011.

青木尊之: GPGPU, シミュレーション辞典, 日本シミュレーション学会編, コロナ社, pp.367, ISBN978-4-339-02458-6 (2012).

黒木 雅広, 青木 尊之, 小野寺 直幸: GPGPU によるマルチモーメント法の圧縮性流体計算, 第16回計算工学講演会, 日本計算工学会, CD-ROM, 東大柏キャンパス, 2011年5月25日.

アルセアクニャ マルロン, 青木 尊之: Mesh Refinement for Real-Time Tsunami Simulation, 第16回計算工学講演会, 日本計算工学会, CD-ROM, 東大柏キャンパス, 2011年5月25日.

杉原 健太,青木 尊之,黒木 雅広: GPU による二相流シミュレーションの開発II, 第16回計算工学講演会, 日本計算工学会, CD-ROM, 東大柏キャンパス, 2011年5月25日.

小野寺 直幸, 青木 尊之: 複数GPU を用いた複雑物体周りのラージエディ・シミュレーション, 第16回計算工学講演会, 日本計算工学会, CD-ROM, 東大柏キャンパス, 2011年5月25日.

Takashi SHIMOKAWABE, Takayuki AOKI, Tomohiro TAKAKI, Akinori YAMANAKA: Multi-GPU Computing of Ultra Large Scale Phase-Field Simulation, 第16回計算工学講演会, 日本計算工学会, CD-ROM, 東大柏キャンパス, 2011年5月25日.

丹 愛彦, 青木 尊之, 井上 景介, 吉谷清: 回転体に駆動される気液二相流の数値計算, 第16回計算工学講演会, 日本計算工学会, CD-ROM, 東大柏キャンパス, 2011年5月25日.

Marlon Arce Acuna, Takayuki Aoki: Large-Scale GPU Tsunami Simulation on a Multi-Level Mesh, International RIAM Symposium on Analysis on marine renewable energy dynamics and marine environment dynamics, Kyushu University, Fukuoka, December 17, 2011.

岡元太郎, 竹中博士, 中村武史, 小林直樹, 青木尊之: フルGPU計算による地震波伝播シミュレーション, 口頭発表, GTC Workshop Japan 2011, 東京・六本木,  2011 年7 月22 日.

小野寺直幸, 吉田啓之, 高瀬和之, 青木尊之: 複数GPUを用いた複雑物体周りの乱流のラージエディ・シミュレーション解析, ポスター発表, GTC Workshop Japan 2011, 東京・六本木,  2011 年7 月22 日.

Xian Wang, Takayuki Aoki, Satori Tsuzuki: Numerical Simulation on the Air Flow in an Urban City by Lattice Boltzmann Method using Multi-Node GPU Cluster, ポスター発表, GTC Workshop Japan 2011, 東京・六本木,  2011 年7 月22 日.

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Tomohiro Takaki, and Akinori Yamanaka: Multi-GPU Computing of Large Scale Phase-Field Simulation for Dendritic Solidification on TSUBAME 2.0, ポスター発表, GTC Workshop Japan 2011, 東京・六本木,  2011 年7 月22 日.

都築怜理, 青木尊之, 王嫻: 複数GPUを利用した大規模パッシブ・スカラー粒子計算の高速化, 日本流体力学会,第25回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(CD-ROM),大阪, 2010年12月21日.

黒木雅広, 青木尊之: GPUコンピューティングによるマルチモーメント法に基づいた大規模爆風シミュレーション, 日本流体力学会,第25回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(CD-ROM),大阪, 2010年12月21日.

孫 亮, 青木尊之: Coupled Lattice BGKモデルにより熱流体シミュレーションのGPU加速化, 日本流体力学会,第25回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(CD-ROM),大阪, 2010年12月21日.

Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Tatsuhiko Hara, Takeshi Nakamura, and Takayuki Aoki (2011): Rupture Process And Waveform Modeling of The 2011 Tohoku-Oki, Magnitude-9 Earthquake, Abstract U51B-0038 presented at 2011 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 5-9 Dec.

Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Takeshi Nakamura, and Takayuki Aoki: GPU-Accelerated Simulation of Seismic Wave Propagation, in GPU Solutions to Multi-scale Problems in Science and Engineering, Yuen, D.; Wang, J.; Johnsson, L.; Chi, C.-H.; Shi, Y. (Eds.), 250 p., Springer, due February 29, 2012. (ISBN 978-3-642-16404-0)

2010年度

T.Shimokawabe, T.Aoki, C.Muroi, J.Ishida, K.Kawano, T.Endo, A.Nukada, N.Maruyama, S.Matsuoka, “ An80-foldspeedup,15.0 TFlops full GPU acceleration of non-hydrostatic weather model ASUCA production code” in Proceedings of the 2010 ACM/IEEE International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis, SC’10, IEEE Computer Society, New Orleans, LA, USA, Nov. 2010, pp. 1 11

青木尊之: 波動問題に対する GPU を用いた大規模格子系シミュレーション, 第23回回路とシステム軽井沢ワークショップ, 電子情報通信学会, 2010年4月20日【招待講演】

杉原 健太, 青木尊之: 双曲型方程式のマルチGPUによる大規模高精度計算, 第23回回路とシステム軽井沢ワークショップ, 電子情報通信学会, 2010年4月19日【招待講演】

T. Aoki: Multi-GPU scalability of mesh-based HPC applications, ETHZ - Tokyo Tech Workshop : Computing with GPUs, Cells, and Multicores, ETH Zurich, Switzerland, May 10, 2010.

T. Shimokawabe and T. Aoki: GPU Acceleration of Weather Prediction Model, ETHZ - Tokyo Tech Workshop : Computing with GPUs, Cells, and Multicores, ETH Zurich, Switzerland, May 10, 2010.

N. Onodera and T. Aoki: Large-Eddy Simulation of Channel Flow on GPU, ETHZ - Tokyo Tech Workshop : Computing with GPUs, Cells, and Multicores, ETH Zurich, Switzerland, May 10, 2010.

M. Arce Acuna and T. Aoki: Real-Time Tsunami Simulation Solving the Shallow Water Equations on Multi-Node GPU Cluster, ETHZ - Tokyo Tech Workshop : Computing with GPUs, Cells, and Multicores, ETH Zurich, Switzerland, May 10, 2010.

青木尊之: GPGPU による数値シミュレーションの新展開, 火薬学会2010年度年会講演要旨集, pp.47-50, 慶應大学, 2010年5月20日

T. Shimokawabe,T. Aoki,J. Ishida; Acceleration of Meso-scale Atmosphere model ASUCA by GPU, 第15回計算工学講演会(日本計算工学会), pp.121-124, 九州大学, 2010年5月26日

杉原健太(東京工業大院),青木尊之; GPUによる二相流シミュレーションの開発 I, 第15回計算工学講演会(日本計算工学会), pp.125-126, 九州大学, 2010年5月26日

小野寺直幸,青木尊之; GPUを用いたLESチャネル乱流計算, 第15回計算工学講演会(日本計算工学会), pp.127-128, 九州大学, 2010年5月26日

Marlon Arce Acuna,Takayuki Aoki; Parallel GPU Computing for Real-Time Tsunami Simulation on an Actual Study Case, 第 15回計算工学講演会(日本計算工学会), pp.133-136, 九州大学, 2010年5月26日

Xian Wang,Takayuki Aoki; Comparison on the performance of Lattice Boltzmann method solver executed on multi-node GPU cluster by multi-dimensional domain decompostions, 第15回計算工学講演会(日本計算工学会), pp141-144, 九州大学, 2010年5月26日

小川 慧,青木尊之; GPUクラスタを用いたPhase Fieldモデルに基づく相変態計算のスケーラビリティ, 第15回計算工学講演会(日本計算工学会), pp.145-148, 九州大学, 2010年5月26日

松岡聡, 青木尊之, 遠藤敏夫, 丸山直也, 佐藤仁, 滝澤真一郎, 實本英之: PCクラスターと「スパコン」のあいだ, ASCII.technology, 7月号, pp.48-55, 2010年5月24日

青木尊之: GPUスパコンにおける大規模HPCアプリケーションのスケーラビリティ −格子系流体計算−, 先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2010), チュートリアル講演資料, pp.1-30, 奈良, 2010年5月27日

小川慧, 青木尊之, 山中晃徳: マルチGPUによるフェーズフィールド相転移計算のスケーラビリティー ― 40GPUで5 TFLOPSの実効性能, 情報処理学会論文誌コンピューティングシステムVol. 3 No. 2 67-75 (2010 June)

Takayuki Aoki, Marlon Arce Acuna, Xian Wang, Satoi OGAWA:, Large-Scale CFD Applications on Multi-Node GPU Cluster, Fifth European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECCOMAS CFD 2010), Proceedings, Lisbon, Portugal, P.697, June 17th, 2010

青木尊之: 双曲型方程式のGPUによる高速計算, 日本応用数理学会誌, 応用数理, Vol. 20, No.2, June 2010, PP.94-106 (2010) [解説記事]

山中 晃徳, 小川 慧, 青木 尊之, 高木 知弘: GPUによるマルチフェーズフィー ルドシミュレーション, 日本計算工学会誌, No.20100009, 2010年6月7日

Naoyuki Onodera, Onodera, Takayuki Aoki, Hiromichi Kobayashi: Development of high-order Multi-Moment scheme for large-eddy simulation, 9th world Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, 20 July 2010.

Marlon Rodolfo Arce Acuna, Takayuki Aoki: Real-Time Tsunami Simulation Solving the Shallow Water Equations on Multi-Node GPU Cluster, 9th world Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, 19 July 2010.

Takashi Shimokawabe, Takayuki Aoki, Junichi Ishida: GPU Acceleration of Meso-scale Atmosphere model ASUCA, 9th world Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, 19 July 2010.

Kenta Sugihara, Takayuki Aoki: Performance of higher-order advection equation solved on multi-node GPU cluster, 9th world Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, 20 July 2010.

Takayuki Aoki, Satoi Ogawa, Akinori Yamanaka: Multi-GPU Scalability of Phase-Field Simulation for Dentritic Solidification - 10 Tera Flops Performance on 60 GPUs, 9th world Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, 20 July 2010.

Shuji Moriguchi, Takayuki Aoki, Atsushi Yashima: CFD-DEM coupled numerical simulation for geomaterial, 9th world Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, Sydney, Australia, 23 July 2010.

Takayuki Aoki: [Invited Talk] Large-scale CFD Applications on GPU-based Supercomputer, International Workshop on GPU Solutions for Multiscale Problems in Science and Engineering, Harbin, China, July 27, 2010

小野寺直幸, 青木尊之, 小林宏充: GPUによるラージエディ・シミュレーションの高速化, 日本流体力学会年会, CD-ROM, 北海道大学, 2010年9月9日

小野寺直幸, 青木尊之, 小林宏充: 高次精度保存型IDO 法によるラージエディ・シミュレーション, 日本流体力学会年会, CD-ROM, 北海道大学, 2010年9月11日

Takayuki Aoki: Multiple-GPU Scalability of Phase-Field Simulation for Dendritic Solidification, Joint International Conference on Supercomputing in Nuclear Applications and Monte Carlo 2010 (SNA + MC2010), Tokyo, October 21, 2010

Xian Wang and Takayuki Aoki: High Performance of Lattice Boltzmann Method on Multi-Node GPU Cluster and its Application on Incompressible Flow Computation, Joint International Conference on Supercomputing in Nuclear Applications and Monte Carlo 2010 (SNA + MC2010), Tokyo, October 21, 2010

Takashi Shimokawabe and Takayuki Aoki: Multi-GPU Computing for Meso-Scale Atmosphere Model ASUCA, Joint International Conference on Supercomputing in Nuclear Applications and Monte Carlo 2010 (SNA + MC2010), Tokyo, October 21, 2010

杉原 健太, 青木 尊之: 大規模高次精度移流計算の複数GPUによる高速化と強スケーラビリティ, 日本計算工学会誌, Transactions of JSCES, Paper No.20100018, 2010年12月3日

小野寺 直幸, 青木 尊之, 杉原 健太: コンパクト差分を用いた高次精度マルチ・モーメント法の開発, 日本計算工学会誌, Transactions of JSCES, Paper No.20100019, 2010年12月17日

小野寺 直幸,青木尊之,小林 宏充: 複数GPUを用いたラージエディ・シミュレーションの高速化, 日本流体力学会,第24回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(電子媒体),2010年12月20日

下川辺 隆史,青木 尊之,石田 純一,河野 耕平,室井 ちあし: メソスケール気象モデルASUCA の TSUBAME 2.0 での実行,日本流体力学会,第24回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(電子媒体),2010年12月20日

三木 貴仁,王 嫻,青木 尊之,今井 陽介,石川拓司,高瀬 圭,山口 隆美: 臨床応用を目指したマルチGPUによる実形状肺内気流計算, 日本流体力学会,第24回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(電子媒体),2010年12月20日

杉原 健太(東工大),青木 尊之: 複数GPUによる気液二相流の大規模シミュレーション,日本流体力学会,第24回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(電子媒体),2010年12月20日

小野寺 直幸, 青木尊之, 小林 宏充: コンパクト差分を用いた保存型IDO法によるLESおよび選択的SGS粘性の検討,日本流体力学会,第24回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(電子媒体),2010年12月20日

Arce Acuna Marlon Rodolfo, Takayuki Aoki: Multi-node GPU Real-Time Tsunami Simulation for Large Scale and Actual Study Case, 日本流体力学会,第24回数値流体シンポジウム, 講演予稿集(電子媒体),2010年12月20日

Okamoto, T., H. Takenaka, T. Nakamura, and T. Aoki: Accelerating Large-Scale Simulation of Seismic Wave Propagation by Multi-GPUs and Three-Dimensional Domain Decomposition, Earth, Planets and Space, Vol.62, No.12, 939-942, 2010.

小野寺 直幸, 青木尊之, 小林 宏充: GPUによるラージエディ・シミュレーションの高速化, 日本流体力学会誌「ながれ」, Vol. 29, No.6, pp.423-426(2010) [解説記事]

青木尊之: TSUBAMEのGPUによる大規模ステンシル・アプリケーション, 情報処理学会 HPCS2011 ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム予稿集, 産総研, 2011年1月18日

Takayuki Aoki and Kenta Sugihara: Two-Phase Flow Simulation on GPU cluster using an MG Preconditioned Sparse Matrix Solver, SIAM Conference on Computational Science and Engineering (SIAM CSE11), Reno, Nevada, March 3, 2011.

Takahito Miki, Xian Wang, Takayuki Aoki, Yohsuke Imai, Takuji Ishikawa, Kei Takase, and Takami Yamaguchi: Subject-specific Pulmonary Airflow Simulation by Lattice Boltzmann Method on GPU Cluster, SIAM Conference on Computational Science and Engineering (SIAM CSE11), Reno, Nevada, March 3, 2011.

Marlon R. Arce Acuna and Takayuki Aoki: Multi-GPU Tsunami Simulation on TSUBAME GPU Supercomputer, SIAM Conference on Mathematical & Computational Issues in the Geosciences (SIAM GS11), Long Beach, California, March 23, 2011.

Takahito Miki, Yohsuke Imai, Takuji Ishikawa, Shigeo Wada, Takayuki Aoki and Takami Yamaguchi, A fourth-order Cartesian local mesh refinement method for the computational fluid dynamics of physiological flow in multi-generation branched vessels, International Journal for Numerical Methods in Biomedical Engineering, Vol. 27, Issue 3, PP. 424-435, March 2011

2009年度

青木尊之, 額田彰著: 「はじめてのはじめてのCUDAプログラミング―驚異の開発環境[GPU+CUDA]を使いこなす」,工学社, ISBN-10: 4777514773, ISBN-13: 978-4777514779, 2009年11月

青木尊之: フルGPUによるCFDアプリケーション, 情報処理学会誌, Vol.50, No.2, pp.107-115 (2009) [解説記事]

Naoyuki Onodera, Takayuki Aoki, Hiromichi Kobayashi: Large Eddy Simulation of Turbulent Channel Flow with Conservative IDO Scheme, 15th International Conference on Finite Elements in Flow Problems, FEF09, CD-ROM, Tokyo April 1-3, 2009.

Marlon Arce Acuna, Takayuki Aoki, Satoi Ogawa: GPU driven acceleration for solving the Shallow Water Equation, 15th International Conference on Finite Elements in Flow Problems, FEF09, CD-ROM, Tokyo April 1-3, 2009.

Kenta Sugihara, Takayuki Aoki: GPU Computing of a compressible flow by using IDO-CF scheme, 15th International Conference on Finite Elements in Flow Problems, FEF09, CD-ROM, Tokyo April 1-3, 2009.

濱田 剛, 似鳥啓吾, 青木尊之: TSUBAME GPUクラスターを用いた重力多体シミュレーションの性能評価, 計算工学講演会論文集(日本計算工学会), 第14巻, 第1号, P.277-280, 東大生研, 2009年5月14日

杉原健太, 青木尊之: GPGPU による保存形IDO 法の圧縮性流体計算, 計算工学講演会論文集(日本計算工学会),第14巻, 第1号, P.293-296, 東大生研, 2009年5月14日

アルセアクニャマルロン, 青木尊之: マルチ GPU による大規模津波シミュレーション(Real-time Tsunami Simulation Accelerated by Parallel GPUs), 計算工学講演会論文集(日本計算工学会),第14巻, 第1号, P.307-310, 東大生研, 2009年5月14日

王 嫻, 青木尊之: GPGPU を用いた格子ボルツマン法による非圧縮性流体計算(Application of GPGPU on the Computation of Incompressible Fluid Flows by Lattice Boltzmann Method), 計算工学講演会論文集(日本計算工学会),第14巻, 第1号, P.311-314, 東大生研, 2009年5月14日

Satoshi Matsuoka, Takayuki Aoki, Toshio Endo, Akira Nukada1, Toshihiro, Kato, Atushi Hasegawa, GPU Accelerated Computing---From Hype to Mainstream, the Rebirth of Vector Computing, San Diego, SciDAC2009, June 15, 2009

青木尊之: GPUコンピューティングによるCFDの超高速計算, Journal of Japan Society of Fluid Mechanics, Nagare Vol. 28, No.2, 89-97, 2009年4月

加藤季広, 青木尊之, 額田 彰, 遠藤敏夫, 松岡 聡, 長谷川篤史: 姫野ベンチマークのGPUマルチノード実行における通信と演算のオーバーラップによる高速化 〜 32GPUで700GFLOPS超を達成 〜, 情報処理学会第120回HPC研究会, 調布(宇宙航空研究開発機構), 2009年6月12日, (2009)

青木尊之: CUDA による流体計算のGPU コンピューティング − 100 倍の高速化を目指して, 日本機械学会年次大会講演資料集(9), 先端技術フォーラム「計算力学の新たな潮流−GPU, FPGA, CELL コンピューティング」, MECJ-09, No.09-1 , P.137-138, 岩手大学, 2009年9月15日

丹 愛彦, 青木尊之: 回転体の気液二相流数値計算, 日本機械学会年次大会講演資料集(7), MECJ-09, No.09-1 , P.31-32, 岩手大学, 2009年9月15日

青木尊之: GPUコンピューティングによるCFDの超高速計算, 第17回計算数理工学フォーラム, 名古屋大学, 2009年9月25日

山下晋, 青木尊之, 肖 鋒, 高橋桂子: CIP有限体積法による風波乱流場の数値シミュレーション, 日本機械学会・第22回計算力学講演会講演予稿集(CD-ROM), 2009年10月11日

小野寺直幸, 青木尊之: マルチモーメントを用いたコンパクト・スキームの開発, 日本機械学会・第22回計算力学講演会講演予稿集(CD-ROM),金沢大学, 2009年10月11日

杉原健太, 青木尊之: GPUによる高次精度移流スキームの演算性能, 日本機械学会・第22回計算力学講演会講演予稿集(CD-ROM),金沢大学, 2009年10月11日

王 嫻, 青木尊之: 3次元格子ボルツマン法による非圧縮流体ソルバーのGPUによる加速, 日本機械学会・第22回計算力学講演会講演予稿集(CD-ROM),金沢大学, 2009年10月11日

Arce Acuna Marlon, Aoki Takayuki: Real-time Tsunami Simulation Accelerated by Parallel GPUs, 日本機械学会・第22回計算力学講演会講演予稿集(CD-ROM),金沢大学, 2009年10月11日

小川 慧, 青木尊之: マルチGPUノードにおける3次元 Phase Field モデルの高速計算, 日本機械学会・第22回計算力学講演会講演予稿集(CD-ROM),金沢大学, 2009年10月11日

小川 慧, 青木 尊之: GPUによるマルチグリッド法を用いた2次元非圧縮性流体解析の高速計算, 日本計算工学会論文集, Vol. 2009, No.20090021, 2009年11月9日

Arce Acuna Marlon, Aoki Takayuki: Real-Time Tsunami Simulation on a Multi-Node GPU Cluster, International Conference for High Perfoemance Computing, Networking, Storage and Analysis 2009 (SC09), poster170, Portland, Oregon, November 15, 2009

Takayuki Aoki: GPU Computing for Large-Scale CFD, International RIAM Symposium on Analyses of Strongly Nonlinear Fluid-Structure Interactions, Fukuoka, Dec 11, 2009

Takayuki Aoki: CFD Applications - From Single GPU to Multiple GPUs, SIGGRAPH Asia 2009, GPU Computing Master Class, Yokohama, December 16, 2009

小野寺直幸, 青木尊之, 小林宏充: チャネル乱流における高次精度 IDO 法に基づいたLESモデルの検証, 日本流体力学会 第23回数値流体シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 仙台, 2009年12月16日

丹愛彦, 青木尊之: 大規模二相流シミュレーションによる砕波機構の解明 I, 日本流体力学会 第23回数値流体シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),仙台, 2009年12月18日

山下晋, 青木尊之, 肖鋒, 高橋桂子: 風波シミュレーションにおける気液界面近傍の乱流輸送機構, 日本流体力学会 第23回数値流体シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),仙台, 2009年12月18日

下川辺隆史, 青木尊之, 石田純一: GPUによるメソスケール気象モデル ASUCA の高速化, 日本流体力学会 第23回数値流体シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),仙台, 2009年12月17日

王嫻, 青木尊之: Multi-GPU クラスターを用いた格子ボルツマン法の大規模解析, 日本流体力学会 第23回数値流体シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),仙台, 2009年12月16日

杉原健太, 青木尊之: マルチノードGPUクラスタによる高次精度移流スキームの演算性能, 日本流体力学会 第23回数値流体シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),仙台, 2009年12月16日

Marlon Arce Acuna, 青木尊之: Large-scale Real-Time Tsunami Simulation on Multi-node GPU Cluster, 日本流体力学会 第23回数値流体シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),仙台, 2009年12月18日

小川 慧,青木 尊之,山中 晃徳: マルチGPU によるフェーズフィールド相転移計算のスケーラビリティー 〜 40 GPU で 5 TFLOPS の実効性能 〜, 情報処理学会,2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2010),p.117-124, 東京, 2010年1月15日

Marlon Arce Acuna,Takayuki Aoki: Multi-GPU Computing and Scalability for Real-Time Tsunami Simulation, 情報処理学会,2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2010),p.125-132, 東京, 2010年1月15日

Takayuki Aoki: Multiple-GPU Performance for CFD Applications - Why can GPU accelerate CFD so much , RIKEN-NVIDIA International Conference "Accelerated Computing", 2010, Jan 29, Roppongi, Japan

青井真, 西沢直樹, 青木尊之: GPGPUを用いた三次元波動伝播シミュレーション, 日本地震学会2009年秋季大会, A12-09 京都, 2009年10月21日

Takayuki Aoki: Multi-GPU Scalabilities for Mesh-based HPC Applications, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP10), Seattle, Washington, February 26, 2010

青木 尊之: 双曲型方程式の時間発展のGPGPU による高速化, 電子情報通信学会・マイクロ波シミュレータ研究会の第15回マイクロ波シミュレータワークショップ, NTT武蔵野研究開発センタ, 2010年3月10日

青木 尊之: Large-scale high-performance GPU Computing for Computational Fluid Dynamics, 日本原子力研究開発機構・第15回NEXT(数値トカマク)研究会, 京都大, 2010年3月17日

T. Shimokawabe, T. Aoki, C. Muroi, K. Kawano: GPU Acceleration of Meso-scale Atmosphere model ASUCA, the 12th international specialist meeting on next generation models on climate change and sustainability for advanced high performance computing facilities, 2010, March 25, Tsukuba, Japan

2008年度

青木尊之: 並列計算技術の最新動向 ― スパコンと流体アプリケーション ―, 自動車技術 , Vol.62, No.5, pp.27-33 (2008)

青木尊之, 今井陽介: 保存形IDO(局所補間微分オペレータ)法, 応用数理学会誌「応用数理」,Vol.18, No.2, 岩波書店, pp.32-45 (2008)

Takayuki Aoki: MULTI-MOMENT EULER SCHEME FOR COMPUTATIONAL FLUID DYNAMICS, 8th. World Congress on Computational Mechanics (WCCM8) 5th. European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2008) June 30 - July 5, 2008, Venice, Italy

森口周二, 青木尊之: 自由表面を含む粒子群-流体連成解析, 日本計算工学会・計算工学講演会論文集, Vol.13, 仙台2008年5月19日, pp.799-802 (2008)

小川 慧, 青木尊之: GPUを用いたCIP法によるプラズマ2流体不安定性の高速シミュレーション, 日本計算工学会・計算工学講演会論文集, Vol.13, 仙台2008年5月19日, pp.837-840 (2008)

小川慧, 青木尊之: CUDAによる定常反復Poisson ベンチマークの高速化, 情報処理学会第115回HPC研究会, 東京 2008年5月24日, pp.19-23 (2008)

青木尊之, 小川慧: CUDA によるPoisson方程式の定常反復計算, 可視化情報シンポジウム2008, Vol.28, Suppl. No.1, 工学院大学・東京 2008年7月24日, pp.255-258 (2008)

小川慧, 青木尊之: CUDA によるプラズマ2 流体不安定性計算の加速, 可視化情報シンポジウム2008, Vol.28, Suppl. No.1,工学院大学・東京 2008年7月24日, pp.287-290 (2008)

杉原健太, 青木尊之: 完全Divergence-Free形式の保存型マルチモーメント法, 日本流体力学会年会講演予稿集, pp.76, 神戸大学 2008年9月4日, pp. 76 (2008)

丹 愛彦, 青木尊之: 円筒形状における気液二相流数値計算, 日本流体力学会年会講演予稿集, 神戸大学 2008年9月4日, pp. 87 (2008)

青木尊之, 小川 慧: フルGPU によるCFDアプリケーション, 日本機械学会・第21回計算力学講演会 , 琉球大学・沖縄 20008年11月1日, CD-ROM (2008)

杉原健太, 青木尊之: GPUを用いた保存形IDO 法による高精度圧縮性流体の高速計算, 日本機械学会・第21回計算力学講演会 , 琉球大学・沖縄 2008年11月1日, CD-ROM (2008).

小野寺直幸, 青木尊之, 小林宏充: LES 乱流モデルを用いた保存型IDO 法によるチャネル乱流計算, 日本機械学会・第21回計算力学講演会 , 琉球大学・沖縄 2008年11月1日, CD-ROM (2008).

小林宏充, 青木尊之: IDO 法によるPassive Scalar の乱流計算, 日本機械学会・第21回計算力学講演会 , 琉球大学・沖縄 2008年11月1日, CD-ROM (2008).

小川慧, 青木尊之: GPUによる3次元Cahn-Hilliard方程式に基づく相分離計算, 日本機械学会・第21回計算力学講演会 , 琉球大学・沖縄 2008年11月1日, CD-ROM (2008).

Marlon Arce Acuna, Takayuki Aoki: GPU driven acceleration for solving the Shallow Water Equation, 日本機械学会・第21回計算力学講演会 , 琉球大学・沖縄 2008年11月1日, CD-ROM (2008).

Kentaro Sano, Takeshi Nishikawa, Takayuki Aoki and Satoru Yamamoto: Evaluating Power and Energy Consumption of FPGA-based Custom Computing Machines for Scientific Floating-Point Computation, Proceedings of International Conference on Field-Programmable Technology 2008 (ICFPT'08), December 7th - 10th, 2008, Taipei, Taiwan (CD-ROM).

Tobias Neckel, Miriam Mehl, Hans-Joachim Bungartz, Takayuki Aoki: CFD simulations using an AMR-like approach in the PDE framework Peano, 第22回数値流体シンポジウム, J9-4, 東京, 2008年12月19日 (CD-ROM).

小野寺直幸, 青木尊之, 小林宏充: 保存型IDO 法を用いたLES 乱流計算手法, 第22回数値流体シンポジウム, C5-4, 東京, 2008年12月18日 (CD-ROM).

青木尊之: GPUコンピューティングによるCFDの超高速計算, 第22回数値流体シンポジウム, 東京, 2008年12月18日 (CD-ROM).

Takayuki Aoki: GPGPU Computing for CFD Applications as a SIMD-type Accelerator, 5th GSIC International Symposium “Leading Studies on Computational Mechanics”, pp. 33-41, 24th December, 2008

2007年度

T. Aoki, Y. Imai, K. Takizawa, Conservative and non-conservative multi-moment schemes for computational fluid dynamics, Proceedings of the International Conference on Computational Methods (ICCM2007), P.3 (2007).

青木尊之, 計算力学ハンドブック, 担当章 CIP法, 朝倉書店, pp.34-50 (2007).

青木尊之, マルチモ−メント・スキ−ムCIP/IDO法を用いた大規模高精度流体計算, 放電研究, Vol.50, No. 2, pp.26-30 (June 2007).

Kenji Takizawa and Takayuki Aoki, Direct Numerical Simulation of Turbulent Flows by Conservative IDO Scheme, Proceedings of the International Conference on Computational Methods 2007, p.158 (2007)

Shuji Moriguchi and Takayuki Aoki, Numerical method for liquefaction based on fluid-particle coupled analysis, Proceedings of the International Conference on Computational Methods 2007, P.147 (2007)

Yohsuke Imai, Takayuki Aoki, Magdi Shoucri,Comparison of Efficient Explicit Schemes for Shallow-Water Equation -- Characterictics-Based Fractional-Step Method and Multimoment Eulerian Scheme, J. Appl. Meteorology and Climatology, Vol. 46, pp.388-395 (2007).

Yohsuke Imai, Takayuki Aoki and Kenji Takizawa, Conservative form of interpolated differential operator scheme for compressible and incompressible fluid dynamics, Journal of Computational Physics, Vol. 227, Issue 4, pp.2263-2285 (2008).

青木尊之, 吉田正典, 保存形IDO法スキームによる爆風計算の検証, 火薬学会 2007年度年会講演要旨集, p.67-70 (2007)

滝沢研二,青木尊之, 保存系IDO法による乱流DNS, 計算工学講演会論文集第12巻第2号, pp.883-886 (2007)

杉原健太,青木尊之,滝沢研二, 部分的にセミ・ラグランジュを導入したルンゲクッタ時間積分IDO法の開発, 計算工学講演会論文集第12巻第2号, pp.887-890 (2007)

小川慧,青木尊之,玉川徹,内山久和, 垂直軸型風車周りの流れの重合格子IDO法によるシミュレーション, 計算工学講演会論文集第12巻第2号, pp.891-894 (2007)

Takayuki Aoki, Yohsuke Imai, Kenji Takizawa, Conservative interpolated differential operator (IDO) scheme, Proceedings of International Conference on Recent Developments of Numerical Schemes for Flow Problems, pp.141-144, June 27-29, Fukuoka, Japan (2007)

Kenji Takizawa, Takayuki Aoki, Turbulent flow computations by conservative interpolated differential operator (IDO) scheme, Proceedings of International Conference on Recent Developments of Numerical Schemes for Flow Problems, pp.145-148, June 27-29, Fukuoka, Japan (2007)

S. Moriguchi and T. Aoki: Simulation of Free Surface Flow Interacting with Moving Particles by Using Immersed Boundary Method, International Conference on Violent flows 2007, p301-303, 2007, Nov20-22, Fukuoka

Kenta Sugihara, Takayuki Aoki: Accuracy study of the IDO-CF scheme by Fourier analysis, The Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics and the Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (APCOM'07 in conjunction with EPMESC), P.89, 2007, Dec 3-6, Kyoto

S. Moriguchi and T. Aoki: Numerical method for geomaterial based on fluid-particle interaction, The Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics and the Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (APCOM’07-EPMESC), P.493, 2007, Dec 3-6, Kyoto

Satoi Ogawa, Takayuki Aoki, Toru Tamagawa: Numerical Simulation for Vertical-Axis Wind Turbine by High-accurate Overset Grid method, The Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics and the Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (APCOM'07-EPMESC XI), P.81, 2007, Dec 3-6, Kyoto

青木尊之: 大規模CFD のフォトリアリスティック・ビジュアリゼーション, 日本原子力学会・2007年秋の大会, 北九州市, 2007年9月29日

Takayuki Aoki, Kenta Sugihara, Yohsuke Imai, and Kenji Takizawa: High-accurate Computation for Compressible and Incompressible Fluid Dynamics by Multi-moment Conservative Scheme, The 4th Japan-Taiwan Workshop on Mechanical and Aerospace Engineering, Hakone Prince Hotel, Kanagawa, Japan, Oct. 29-30, 2007

森口周二, 青木尊之: 境界埋め込み法を用いた地盤の液状化解析手法の開発, 第20回計算力学講演会, pp.171-172, 2007年11月(京都).

杉原健太, 青木尊之: 保存形IDO法を用いたShallow Waterモデルによる津波の遡上計算, 第21回数値流体力学シンポジウム p.51, 2007年12月(東京)

T. Aoki: TSUBAME Supercomputer and Contribution to Science and Engineering, 2nd International Workshop on Numerical Simulation for Disastrous Phenomena,2008, Jan 31, Bangkok, Thailand.

S. Moriguchi and T. Aoki: Numerical method for geomaterial based on fluid-particle interaction 2nd International Workshop on Numerical Simulation for Disastrous Phenomena,2008, Jan 31, Bangkok, Thailand.

Kenta Sugihara and Takayuki Aoki: Tsunami Run-up phenomena with shallow water modeling solved by conservative IDO scheme, 2nd Int'l Workshop on Numerical Simulation for Disastrous Phenomena, 2008, Jan 31, Bangkok, Thailand,

Satoi Ogawa, Takayuki Aoki: GPU-Based CFD for On-site Real-time Disaster Simulation 2nd Int'l Workshop on Numerical Simulation for Disastrous Phenomena, 2008, Jan 31, Bangkok, Thailand.

小川慧, 青木尊之: G80-GPUによるIDO法を用いた流体計算, 第20回計算力学講演会(CMD 2007), pp..591-592, 2007年11月(京都).

杉原健太、青木尊之: 保存形IDO法の安定性解析, 日本機械学会第20回計算力学講演会pp.593-594, 2007年11月(京都).

Takayuki Aoki: High-accurate Fluid Computation by Multi-moment Conservative Scheme, 2nd Korea-Japan Workshop on Computational Engineering, Seoul, Korea, 31st Aug, 2007.

2006年度

玉置秀行,青木尊之,森口周: 複雑形状の岩石を含んだ土石流シミュレーション, 第56回理論応用力学講演会, NCTAM 2007, pp.195-196 (2007)

TAKAYUKI AOKI: Scientific Computings for Real World by TFlops Supercomputer. Proceedings of the 2nd International Conference on Asian Simulation and Modeling 2007. pp. 7-13 (2007)

Takayuki AOKI: Fluid Simulation by Using Multi-Moment Scheme and Conservative Formulation, Analyses of Strongly Nonlinear Flows around Moving Boundaries, Proceedings of the RIAM Symposium held at Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University, Kasuga, Fukuoka, Japan, No. 18 特1 - 1, pp. 1-9, December 7-8, 2006

佐藤静香, 青木尊之, 坪木和久, 榊原篤, 小川慧, 今井陽介: 雲解像領域気象モデルの力学過程へのセミ・ラグランジュ法の導入, 第20回数値流体力学シンポジウム講演論文集CD-ROM. 日本流体力学会 (2006)

玉置秀行, 田邉大輔, 青木尊之, 今井陽介: 個別要素法を用いた落石シミュレーション. 第19回計算力学講演会. 第19回計算力学講演会講演論文集. 日本機械学会. Vol. No.06-9. pp. 473-474 (2006)

佐藤静香, 小川慧, 青木尊之, 今井陽介, 坪木和久, 榊原篤: レイトレーシング法による台風シミュレーションの可視化. 第19回計算力学講演会. 第19回計算力学講演会講演論文集. 日本機械学会. Vol. No.06-9. pp. 721-722 (2006)

青木尊之: コンピュータグラフィックスを応用した計算力学における可視化概論. 第19回計算力学講演会. 第19回計算力学講演会講演論文集. 日本機械学会. Vol. No.06-9. pp. 7-8. (2006)

加藤茂, 松島政貴, 高橋 太, 青木尊之: 地球磁場変動ダイナモシミュレーションにおける大規模データの可視化. 第19回計算力学講演会. 第19回計算力学講演会講演論文集. 日本機械学会. Vol. No.06-9. pp. 715-716 (2006)

青木尊之, 坪木 和久: 気象におけるマルチスケール・シミュレーション. 第49回 自動制御連合講演会. 第49回 自動制御連合講演会・講演論文集CD-ROM (2006)

TAKAYUKI AOKI. High-Accurate Numerical Simulation for Flow Phenomena. Proceedings of 3rd International Workshop on New Fronters in Computational Geotechniques (2006)

高瀬和之, 吉田啓之, 小瀬裕男, 青木尊之: 炉心内複雑二相流挙動に関する数値解析. 日本機械学会2006年度年次大会. 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集. 日本機械学会. Vol. MECJ-06. No. 2. pp. 39-40 (2006)

滝沢研二, 今井陽介, 青木尊之: 高精度保存形スキームによる自由界面を含む流れの解析. 日本機械学会2006年度年次大会. 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集. 日本機械学会. Vol. MECJ-06. No. 1. pp. 101-102 (2006)

TAKAYUKI AOKI: Visualizations in Computational Fluid Dynamics. The 12th International Symposium on Flow Visualization. Vol. CD-ROM (2006)

小川 慧, 青木尊之: 重合格子IDO法による移動境界問題の計算. 日本機械学会2006年度年次大会. 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集. 日本機械学会. Vol. MECJ-06. No. 1. pp. 89-90 (2006)

今井陽介, 青木尊之, 滝沢研二: 保存形IDO法による圧縮性および非圧縮性流体解法. 日本機械学会2006年度年次大会. 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集. 日本機械学会. Vol. MECJ-06. No. 1. pp. 83-84 (2006)

Y. Imai, T. Aoki: Stable coupling between vector and scalar variables for the IDO scheme on collocated grids, Journal of Computational Physics, Vol. 215. pp. 81-97 (2006)

高瀬和之, 小瀬裕男, 吉田啓之, 叶野琢磨, 青木尊之: 稠密炉心内3次元気泡流構造に関する大規模シミュレーション. 機械学会関東支部第12期総会. 機械学会関東支部第12期総会講演会講演論文集. Vol. No.060-1. No. 20503. pp. 229-230 (2006)

Yohsuke Imai, Takayuki Aoki, Accuracy study of the IDO scheme by Fourier analysis. Journal of Computational Physics. Vol. 217. pp. 453-472 (2006)

高瀬和之, 吉田啓之, 小瀬裕男, 叶野琢磨, 秋本肇, 青木尊之: 微小流路を上昇する大規模な気泡挙動の予測と高詳細可視化. 日本原子力学会「2006年春の年会」. 日本原子力学会「2006年春の年会」要旨集. Vol. L1. pp. 434 (2006)

Kaori Kato, Takayuki Aoki, Shiro Kubota, Masatake Yoshida. A Numerical Scheme for Strong Blast Wave driven by Explosion. International Journal for Numerical Methods in Fluids. Vol. 51. pp. 1335-1353 (2006)

2005年度

Y. Imai and T. Aoki: A higher-order implicit IDO scheme and its CFD application to local mesh refinement, Computational Mechanics, Vol. 38, 211-221 (2006)

高瀬和之、吉田啓之、小瀬裕男、叶野琢磨、秋本肇、青木尊之: 微小流路を上昇する大規模な気泡挙動の予測と高詳細可視化; 日本原子力学会「2006年春の年会」要旨集, Vol. L1, 434 (2006)

高瀬和之、小瀬裕男、吉田啓之、叶野琢磨、青木尊之: 稠密炉心内3次元気泡流構造に関する大規模シミュレーション; 機械学会関東支部第12期総会講演会講演論文集, Vol. 060-1, No. 20503, 229-230 (2006)

Takayuki Utsumi, Takayuki Aoki, James Koga and Mitsuru Yamagiwa: Solutions of the 1D Coupled Nonlinear Schr&ouml;dinger Equations by the CIP-BS Method; Communications in Computational Physics, Vol. 1, No.2, 261-275 (2006)

青木尊之,原田信弘: パルス電磁エネルギーの発生・応用の最新技術動向;電気学会技術報告書, No. 1018, 62-64 (2005)

今井陽介, 青木尊之: コロケート格子における流速と圧力の安定なカップリング手法を用いたIDO法(IDO-SC法); 日本流体力学会, 第19回数値流体シンポジウム, 60 (CD-ROM) (2005)

青木尊之, 今井陽介: 保存形IDO法; 日本流体力学会, 第19回数値流体シンポジウム, 59 (CD-ROM) (2005)

小川慧, 青木尊之, 今井陽介, 高瀬和之: グリッドコンピューティングによる気泡流シミュレーションの可視化; 日本機械学会・第18回計算力学講演会 講演論文集, No. 05-2, 795-796 (2005)

今井陽介, 青木尊之: IDO法によるコロケート格子での流体計算に対する流速と圧力の安定なカップリング手法; 日本機械学会・日本機械学会 第18回計算力学講演会講演論文集, No.05-2, 617-618 (2005)

今井陽介,青木尊之:CIP法およびIDO法の計算精度;日本機械学会年次大会講演論文集, Vol. 05-1, No. 1, 101-102 (2005)

藤原和恵,青木尊之,小川 隆申: AMRを用いた衝撃波による構造物飛散の数値シミュレーション; 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.05-1, No.1, 81-82 (2005)

高瀬和之,小瀬裕男,吉田啓之,青木尊之: 微小流路以内大規模気泡流構造に関する数値予測; 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol. 05-1, No. 3 (2005)

P和之、小瀬裕男、吉田啓之、秋本肇、青木尊之: 炉心燃料チャンネル内大規模二相流シミュレーション; 日本シミュレーション学会年会講演論文集, 161-164 (2005)

P和之、小瀬裕男、吉田啓之、秋本肇、青木尊之: 鉛直狭隘流路内大規模気泡流に関する数値的可視化; 可視化情報学会, Vol.25, No.1, 435-436 (2005)

青木尊之: フォトリアリスティック・レンダリングによる科学技術計算のビジュアライゼーション; 可視化情報学会誌, Vol. 25, No. 97, 117-120 (2005)

青木尊之, 今井陽介: 爆風による構造物の破壊・飛散に対する新しい数値シミュレーション手法(I); 平成16年度 衝撃波シンポジウム 講演論文集, 261-262 (2005)

青木 尊之: 複雑な地形や建物を含んだ大規模3次元爆風シミュレーション; 第54回理論応用力学講演会・講演論文集, Vol. NCTAM2005, 63-64 (2005)

今井陽介, 青木尊之: 静力学気象モデルに対する高次精度陽的オイラー法とセミ・ラグランジュ法の比較検討; 第54回理論応用力学講演会・講演論文集, Vol. NCTAM2005, 271-272 (2005)

今井陽介, 青木尊之, 池平博夫: 血管適合細分化計算による高解像度血流解析; 日本機械学会・第17回バイオエンジニアリング講演会・講演論文集, Vol. 04, No. 48, 221-222 (2005)

2004年度

Takayuki Utsumi, Takashi Yabe, Takayuki Aoki, James Koga, Mitsuru Yamagiwa: Solutions of Hyperbolic Equations with the CIP-BS Method; International Journal of the Japan Society of Mechanical Engineers, Series B, Vol.47, No.4, 768-776 (2004)

Yousuke Imai, Takayuki Aoki: Fourth-order Accurate IDO Scheme using Gradient-Staggered Interpolation; International Journal of the Japan Society of Mechanical Engineers, Series B, Vol.47, No.4, 681-689 (2004)

Takashi Yabe, kenji Takizawa, Feng Xiao, Takayuki Aoki, Takehiro Himeno, Tsunemi Takahashi, Atsushi Kunimatsu: A New Paradigm of Computer Graphics by Universal Solver for Solid, Liquid and Gas; International Journal of the Japan Society of Mechanical Engineers, Series B, Vol.47, No.4, 656-663 (2004)

小原徹也,青木尊之,店橋護: 局所補間微分オペレータ法による二次元一様等方性乱流の直接数値計算; 日本機械学会論文集 B編, Vol.70, No.699, 2791-2797 (2004)

今井陽介,青木尊之,布施智之,池平博夫: 直交格子でのイメージベースト血流計算手法の開発; 日本機械学会論文集(A編), Vol.70, No.697, 1222-1239 (2004)

T. Utsumi, J. Koga, T. Yabe, T. Aoki, T. Sekine: A Note on the Basis Set Approach in the Constrained Interpolation Profile Method; J. Comput. Phys., Vol.196, No.1, 1-7 (2004)

Takayuki Utsumi, Takashi Yabe, James Koga, Takayuki Aoki, Masatoshi Sekine: Accurate basis set by the CIP method for the solutions of the Schrodinger equation; Computer Physics Communication, Vo.157, 121-138 (2004)

T. Aoki: Fluid-Structure Interaction of a Falling Leaf Solved by IDO Scheme Using Intergrid and Overset Grid; Proceedings of Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics, 187-192 (2004)

Takayuki Aoki, Kaori Kato, Tei Saburi, Masatake Yoshida: Paralle Simulation for Strong Blast Wave from TNT Explosion on Large-scale PC-Cluster; Proceedings of International Conference on Computational Fluid Dynamics, (2004)

Takayuki Aoki, Kaori Kato, Yousuke Imai, Tei Saburi, Masatake Yoshida: Parallel Simulation for Unstable Sxpansion of Detonation Product with Strong Shock Wave from TNT Explosion on Large-scale PC-Cluster; Proceedings of International Conference Parallel CFD 2004, 209-211 (2004)

青木尊之, 今井陽介: 爆風による構造物の破壊・飛散に対する新しい数値シミュレーション手法(I); 平成16年度 衝撃波シンポジウム 講演論文集, 261-262 (2005)

青木 尊之: 複雑な地形や建物を含んだ大規模3次元爆風シミュレーション; 第54回理論応用力学講演会・講演論文集, NCTAM2005, 63-64 (2005)

今井陽介, 青木尊之: 静力学気象モデルに対する高次精度陽的オイラー法とセミ・ラグランジュ法の比較検討; 第54回理論応用力学講演会・講演論文集, NCTAM2005, 271-272 (2005)

藤原和恵, 青木尊之, 小川隆申: 3次精度局所細分化適合格子(AMR)法による衝撃波の計算; 第54回理論応用力学講演会・講演論文集, NCTAM2005, 225-226 (2005)

藤田幸多雄, 青木尊之: 粒子法を用いた複雑形状のミクロスケール血流シミュレーション; 日本機械学会・第17回バイオエンジニアリング講演会・講演論文集, Vol.04, No.48, 245-246 (2005)

今井陽介, 青木尊之, 池平博夫: 血管適合細分化計算による高解像度血流解析; 日本機械学会・第17回バイオエンジニアリング講演会・講演論文集, Vol.04, No.48, 221-222 (2005)

森本修平, 青木尊之, 佐分利禎, 藤原和恵, 今井陽介: メソスケール大気モデルMC2の力学過程へのCIP法の導入; 第18回数値流体シンポジウム・予稿集(CD-ROM), (2004)

藤原和恵, 青木尊之, 小川隆申: 3次精度IDOベースAMR法による圧縮性流体の計算; 第18回数値流体シンポジウム・予稿集(CD-ROM), (2004)

今井陽介, 青木尊之: 陰的ルンゲ・クッタ時間積分を用いたIDO法; 第18回数値流体シンポジウム・予稿集(CD-ROM), (2004)

谷 啓二,飛田 建次,西尾 敏,飯尾 俊二,筒井 広明,青木 尊之: 低アスペクト比トカマク炉のアルファ粒子閉じ込め; プラズマ核融合学会誌, Vol.80, No.11, 931-934 (2004)

加藤香,青木尊之,佐分利禎,藤田幸多雄,吉田正典: レイトレーシングを用いた3次元爆発シミュレーションのビジュアライゼーション; 第47回自動制御連合講演会・講演予稿集(CD-ROM), (2004)

内海隆行, ジェームス甲賀,山極満, 矢部孝, 青木尊之: CIP-BS法による1次元衝撃波問題の数値解; 第17回日本機械学会・計算力学講演会・講演予稿集, Vol.04, No.40, 841-842 (2004)

藤原和恵, 青木尊之, 小川隆申: 適合格子によるレイリーテイラー不安定性の高精度計算; 第17回日本機械学会・計算力学講演会・講演予稿集, Vol.04, No.40, 837-838 (2004)

加藤香, 青木尊之, 佐分利禎, 藤田幸多雄, 吉田正典: レイトレーシングを用いた爆風伝播の可視化; 第17回日本機械学会・計算力学講演会・講演予稿集, Vol.04, No.40, 433-434 (2004)

今井陽介, 青木尊之, 藤原和恵, 池平博夫: 血管適合細分化格子を用いた血流計算; 第17回日本機械学会・計算力学講演会・講演予稿集, Vol.04, No.40, 337-338 (2004)

藤田幸多雄, 青木尊之: 粒子モデルによるミクロスケール血流シミュレーション; 第17回日本機械学会・計算力学講演会・講演予稿集, Vol.04, No.40, 65-66 (2004)

K. Fujiwara, T. Aoki, T. Ogawa: Higher-Order AMR Based on IDO Scheme for Fluid-Structure Interaction; Proceedings of Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (CD-ROM), (2004)

Y. Imai, T. Aoki, H. Ikehira: A Numerical Method of IDO Scheme for Fluid-Structure Interaction on Cartesian Grid; Proceedings of Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (CD-ROM), (2004)

加藤香, 青木尊之, 佐分利禎, 藤田幸多雄, 吉田正典: レイトレーシングを用いたTNT爆発によるブラストウェーブの可視化; 計算工学講演会論文集, Vol.9, No.2, 899-902 (2004)

青木 尊之: 爆発シミュレーションとビジュアライゼーション; 画像ラボ, Vo.15, No.7, 7-9 (2004)

今井陽介, 青木尊之, 池平博夫: 脳血管に対する流体−構造連成イメージベースト血流シミュレーション; 日本機械学会・第16回バイオエンジニアリング講演会, Vo.03, No.38, 235-236 (2004)

藤田幸多雄, 今井陽介, 青木尊之: 粒子モデルによるミクロ血流シミュレーション; 日本機械学会・第16回バイオエンジニアリング講演会, Vol.03, No.38, 231-232 (2004)

2003年度

今井陽介, 青木尊之, 池平博夫: 脳血管に対する流体−構造連成イメージ・ベースト血流シミュレーション, 日本機械学会・第16回バイオエンジニアリング講演会, Vol. 03, No. 38 (2004) 235-236

藤田幸多雄, 今井陽介, 青木尊之: 粒子モデルによるミクロ血流シミュレーション, 日本機械学会・第16回バイオエンジニアリング講演会, Vol. 03, No. 38 (2004) 231-232

T. Utsumi, T. Yabe, J. Koga, T. Aoki, T. Sekine: Accurate basis set by the CIP method for the solutions of the Schrodinger equation, Computer Physics Communications, Vol. 157, No. 2 (2004) 121-138.

出口洋平, 青木尊之: IDO法を用いた潮汐流れの高精度数値シミュレーション, 第17回数値流体シンポジウム, (2003) 208

加藤香, 青木尊之, 吉田正典: TNT爆発による強い衝撃波を伴う爆風伝播の三次元数値解析(CD-ROM), 第17回数値流体シンポジウム, (2003) 92

佐分利 禎, 青木尊之, 今井陽介: 高精度波動計算手法の開発(CD-ROM), 第17回数値流体シンポジウム, (2003) 111

青木尊之: 直交格子をベースとした弱連成解法, 第16回計算力学講演会・講演論文集, Vol. 03, No. 26 (2003) 33-34

青木尊之: レイトレーシングによる計算力学の可視化と簡易立体視, 第16回計算力学講演会・講演論文集, Vol. 03, No. 26 (2003) 27-28

今井陽介, 青木尊之, 佐分利禎: 陰的ルンゲ・クッタ法によるIDO法の時間発展, 第16回計算力学講演会・講演論文集, Vol. 03, No. 26 (2003) 151-152

加藤香, 青木尊之, 佐分利禎, 久保田士郎, 吉田正典: TNT爆発における爆轟生成ガス噴出の3次元シミュレーション, 火薬学会・秋季研究発表講演会・講演要旨集, (2003) 101-104

佐分利禎, 青木尊之, 久保田士郎, 吉田正典: 爆発シミュレーションのためのMPI並列計算システムの構築, 火薬学会・秋季研究発表講演会・講演要旨集, (2003) 105-108

加藤香, 青木尊之, 藤田幸多雄, 佐分利禎, 吉田正典: TNT爆発のブラストウェーブ,日経サイエンス, Vol. 2004, No. 1 (2003) 109.

青木尊之, 肖鋒: マルチメジャーを用いた計算手法(CIP法、IDO法), 計算工学, Vol. 8, No. 4 (2003) 18-21.

T. Aoki, K. Kato, T. Kobara, M. Yoshida, M. Tanahashi: Compressible and Incompressible Turburence Simulation by IDO scheme, Japan-Russia Seminar on Turbulence and Instabilities, Vol. 3 (2003) 14-15

T. Utsumi, J. Koga, T. Yabe, Y. Ogata, E. Matsunaga, T. Aoki and M. Sekine: Basis Set Approach in the Constrained Interpolation Profile Method, Research Report of National Institute for Fusion Science, Vol. NIFS-778 (2003)

今井陽介, 青木尊之, 小原徹也 : IDO法による弾性壁を考慮した血流シミュレーション, 日本機械学会2003年度年次大会, Vol. 3-1, No. VII (2003) 25-26

T. Aoki: Numerical scheme for moving body interacting with fluid, Proceedings of 2nd MIT Conf. on Computational Fluid and Solid Mechanics, Vol. 2, No. 2 (2003) 1237-1239

加藤香, 青木尊之, 久保田士郎, 吉田正典: 模擬火薬庫でのTNT30kg爆発に対する3次元数値シミュレーション, 火薬学会2003年度年会・講演要旨集, (2003) 9-12