Graphics Gallery

2018

スプーンによる液膜形成

スプーンに水が当たることにより液膜が形成される過程を弱圧縮性気液二相流計算手法とAMR (Adaptive Mesh Refinement) 法を用い、2次元と3次元で計算した。液体は膜状になると安定化する性質があり、シミュレーションでも再現されている。